オオコシセキュリティコンサルタンツ「海外駐在員とその家族を守る危機管理コンサルティングで人事部門を支援しています」

大越 修 代表取締役社長

オオコシセキュリティコンサルタンツ

 (3229)

http://www.globalsecurity.jp/

株式会社オオコシセキュリティコンサルタンツ

代表者●代表取締役社長 大越修
設立●2003年
資本金●2000万円
従業員数●12人

住所●東京都港区虎ノ門1-22-16 第2オカモトヤビル11F

TEL●03-5532-1880
E-mail●info@globalsecurity.jp

コンサルタント数●6人

サービス●国内・海外のセキュリティ全般に関するコンサルティング業務請負、危機管理、緊急事態への対策・対応、セキュリティに関する教育・訓練、セミナー

専門分野

【業種】
全業種

【職種】
全職種

【対象者】
総務・人事担当者、海外安全担当者、海外駐在予定者、海外出張予定者

日本人材ニュース編集部の評価

海外展開を強化する日本企業では、海外駐在員やその家族の事故対応や急病時の搬送手配など日常のトラブルを考えておかなければならないが、こうしたすべてのセキュリティ上のトラブルに365日24時間に対応できるサービスは非常に頼りがいがある。世界の治安組織やセキュリティ・コンサルタントにネットワークがあり、専門家による誘拐・脅迫、テロなどの重大事件への防止・対応力には定評がある。また、トラブルを回避するための防止も重視している。

責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「海外駐在員とその家族を守る危機管理コンサルティングで人事部門を支援しています」

 (3223)

大越 修 代表取締役社長

警視庁に20年間在籍。1987年からエッソ石油に入社、セキュリティ部門を設立。その後、JPモルガン銀行、AIGにてセキュリティマネージャーを務める。2003年オオコシセキュリティコンサルタンツを設立。代表取締役社長に就任。

事件では専門コンサルタントを派遣して事件解決のためのマネジメントを行う

 当社は、海外駐在員とその家族を守る危機管理コンサルティング会社です。日本企業が積極的に海外展開するようになり、海外駐在員や出張者がテロや事件に巻き込まれるリスクがこれまで以上に増えています。

 これまでに扱った案件で一番多いのは、会社の業務に関連した脅迫です。例えば、下請け業者が契約を切られたことに不満を抱いて日本人駐在員を殺そうとするような事件は、韓国、ベトナム、フィリピン、タイ、インドネシアなど様々な国で起きています。

 特に発展途上国では日本人駐在員が誘拐され、身代金が要求される事件も発生しています。特にアジアではISを支持するイスラム過激派組織がいくつもあり活動を活発化しており、注意が必要です。

 事件に巻き込まれた時には、まだ全容がわからない段階でも一刻も早く連絡いただくことで、専門のコンサルタントを派遣するとともに現地の警察や日本大使館などの関係組織との連携を取り付け、事件解決の全体的なマネジメントを行います。

日本とは違い、病気や交通事故でもすぐに対処しないと命にかかわることもある

 主要業務は、海外駐在員やその家族に犯罪などセキュリティ上の問題や日常トラブルが起きた時のサポートです。日本とは違い、病気や交通事故でもインフラが整備されていない現地では、すぐに対処しないと命にかかわることがあります。

 トラブルが起こらないように海外駐在員とその家族に海外赴任や出張前に危機管理研修を実施し、常にニュースレターで事件情報を提供して注意を喚起しています。

 また、現地ではオフィスや工場などの海外拠点、駐在員住宅、駐在員がよく足を運ぶショッピングセンターやスポーツクラブ、通勤経路など安全セキュリティのチェックを行います。

 当社は14の海外セキュリティ・コンサルタントと直接契約を結んでいますので、世界で起きた事件・事故に365日、24時間体制で迅速に対応でき、最優先で現地に駆けつけられるようになっています。

 また、ロンドンに拠点を置く世界最大級のセキュリティ・コンサルティング組織のシニアコンサルタントを務めていますので、ハイジャックや海賊事件といった有事の際には随時情報を入手できます。

危機管理の専門コンサルタントが海外駐在員の安全という人事の課題を支援

 私は警視庁に勤務し、その間、外務省に出向してニューヨーク領事を3年務め、CIA、FBI、ニューヨーク市警といった治安組織とのネットワークを築き、帰国後、エクソングループのエッソ石油でセキュリティ部門の立ち上げにかかわりました。

 同社のコンサルタントも世界の治安機関や企業でのセキュリティ部門を経験した危機管理の専門家で、今も付き合っています。

 世界の治安は悪化しています。まずは危機管理マニュアルを策定して駐在員とその家族を守るためのセキュリティ研修の実施が大切です。事件や事故が起きたらどう対応するかの訓練を行い、実際に事件や事故が起こった時にシステムが有効なのかを随時チェックしておく必要があります。

 こうした海外駐在員の安全確保のための危機管理対策など、セキュリティに関するあらゆる相談を受けて人事部門を支援しています。

オオコシセキュリティコンサルタンツのサービス内容について話が聞きたい

オオコシセキュリティコンサルタンツのサービス内容について話が聞きたい
担当者からご連絡を差し上げますので、こちらからお問い合わせください。

頻発するテロやトラブルから海外駐在員をどう守るのか オオコシセキュリティコンサルタンツ 大越修社長

頻発するテロやトラブルから海外駐在員をどう守るのか オオコシセキュリティコンサルタンツ 大越修社長
世界中でテロや事件が頻発するようになり、日本人の海外駐在員や出張者がテロの犠牲になる事件が起きている。ヨーロッパでもテロが相次いで発生しており、もはや世界に安全な地域はなくなった。海外勤務者をどのように守ったらよいのか、日本の企業セキュリティの草分けオオコシセキュリティコンサルタンツ社長の大越修氏に聞いた。
22 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード

組織変革、研修、EAP、人事システムのご相談なら

人材コンサルティングサービス活用法

セミナー・イベント

プレスリリース