人材紹介(業種・職種特化)の活用法

特化型人材紹介会社の特徴は、その業種や職種に特有の専門性が求められる希少なポジションの求人に対応できる点にある。専門領域に特化して活動しているため、その分野では候補者からよく知られている人材紹介会社も多く、独自の人材データベースやネットワークを構築しているところが強みとなっている。

 (1852)

 「業種特化型」の人材紹介は、IT・通信、製造、消費財・サービス、金融、メディカル、コンサルティングなど企業が属する一業種を専門としている。

 「職種特化型」の人材紹介は、マーケター、経理職、エンジニア、プログラマー、クリエーター、コンサルタントなど職務によって分けられる一職種を専門とする。

 中規模以上の人材紹介会社は、社内に業種・職種別の専門チームを編成していることが多いが、業種・職種特化型の会社は、会社全体が一つの業種や職種に特化している。

 特化型人材紹介会社の特徴は、その業種や職種に特有の専門性が求められる希少なポジションの求人に対応できる点にある。採用担当者との求人内容の打ち合わせでも、そのような専門的なポジションへの知識や理解力がコンサルタントには求められる。

 専門領域の他社人材に関する情報も集まりやすく、同業他社や関連技術・サービスの最新動向などにも精通しているため、企業の人材戦略に適切なアドバイスを行える。

 候補者の多くはスペシャリストであり、キャリアカウンセリングにおいても経験やスキルを深く理解できなければならないため、特化型人材紹介会社には専門性の高いコンサルタントが多い。

 専門領域に特化して活動しているため、その分野では候補者からよく知られている人材紹介会社も多く、独自の人材データベースやネットワークを構築しているところが強みとなっている。

 求人依頼の方法は一般的な人材紹介会社と変わらない。手数料は成功報酬で採用者の年収の30〜35%だが求人内容の難易度が高い場合はさらにアップする。
9 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選