セントメディア「障がい者雇用を採用コンサルティングとして支援し、法定雇用率の引き上げに対応します」

大原 茂 代表取締役社長

日本人材ニュース編集部の評価

障がい者の法定雇用率の引き上げが行われることが決まっており、企業は以前に増して障がい者雇用への対応が求められている。同社では、採用前段階から企業にコンサルティングとして入ることで、今まで障がい者雇用に苦戦していた企業でも安定的に採用できるように、採用と定着の支援を行っている。また、候補者に対して事前ヒアリングやフォローを手厚く行うことで、企業と候補者のマッチングを実現し、高い決定率を維持している。

責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「障がい者雇用を採用コンサルティングとして支援し、法定雇用率の引き上げに対応します」

 (1749)

大原 茂 代表取締役社長

1968年生まれ、奈良県出身。京都産業大学法学部卒業後、長谷工コーポレーションに入社。その後、2000年、セントメディア取締役を経て、2006年、代表取締役社長に就任。現在に至る。

クライアントに適した障がい者雇用施策を提供

 当社は、人材紹介・紹介予定派遣、人材派遣、業務請負などのサービスを提供しており、その中で障がい者に特化した人材紹介を行っています。

 4月に法定雇用率の引き上げが行われるなど、障がい者雇用への対応が大きな経営課題になりつつある中、従業員数1000人以上の企業は比較的採用に成功している一方で、500人以下の企業では、売り手市場の中でその企業にとって有効な採用方法が明確にしきれず採用に苦慮している状態です。

 当社では採用ターゲットが明確になっている大手企業に対しては、より活躍できる人材の紹介を行うとともに、採用に苦戦している企業に対し、クライアントの業務内容に応じて、どのような仕事を切り出すべきか、どのようなポジションをつくるべきかなど、初期提案の段階からコンサルティングとして内部管理にまで立ち入ることで、障がい者雇用に苦戦している企業の支援をしています。

マッチング精度の向上を図り、精神障がい者の雇用に注力

 これまで採用実績の半数以上が身体障がい者という企業が多いため、身体以外の障がい者、特に精神障がい者の雇用が進んでいませんでしたが、今後、法定雇用率が引き上げられる中で、精神障がい者の雇用を増やしていく必要があります。

 当社では面談の段階で候補者の経験やスキルなどを事前に把握し、時には定期的に会い状況を報告するなどのフォローを行うことで、精神障がい者を企業に紹介できています。

 候補者は、当社が運営する転職サイトである「ぽじチャレ」経由がメインで、女性が82%を占めています。事務職はもちろん、人事スタッフ、総務スタッフ、オペレーター、接客、技術職など幅広い職種で紹介を行っています。

 当社では、障がい者雇用に対する理解の促進も行っています。多くの企業は、障がい者を本社で雇用する傾向がありますが、売り手市場の中、最近は本社だけでは法定雇用率を満たすことができないため、支店で障がい者を雇用することも必要でしょう。

 しかし、ここで問題となるのが従業員の理解です。こうしたケースでは、当社のコンサルタントが受け入れ先企業を訪問し、障がい者雇用の意義や受け入れる際にすべき配慮などを説明することで、円滑な業務運営を支援しています。

 採用後も定期的にヒアリングを行い、さまざまな角度から現状を分析し、クライアントに報告しています。こうした取り組みが奏功し、定着率の向上につながっています。

● 「ぽじチャレ」登録者の男女比と年齢

 (4369)

ミスマッチの低減と地方への支援拡大で、さらなる企業貢献を目指す

 当社では候補者の就業前後のフォローを手厚く行うことで、企業と候補者のミスマッチを減らし、定着を促しています。

 売り手市場の今、離職率を下げることが企業に求められているため、採用だけでなくその先の定着の支援にも力を入れています。

 最近地方圏での障がい者の採用ニーズも増えています。今後は対応エリアを拡大するなど、地方企業の採用ニーズに応えられるように、支援の強化を行っていきます。

専門分野

【業種】
全業種、IT・通信、製造、消費財・サービス、金融、メディカル、コンサルティング

【職種】
全職種、経営・企画、広報・IR、営業・販売、管理・事務、経理・財務、法務、人事、総務、営業事務、貿易事務、秘書、技術・研究、IT・システム、コンサルタント、クリエイティブ

【対象者】
障がい者

セントメディア

 (1156)

http://www.saintmedia.co.jp/corp/

株式会社セントメディア

代表者●代表取締役社長 大原茂
設立●1997年
資本金●9900万円
従業員数●727人 

住所●東京都新宿区新宿3-1-24 京王新宿三丁目ビル3F
その他拠点● 新宿、大阪、札幌、盛岡、仙台、郡山、水戸、宇都宮、高崎、川越、大宮、北千住、秋葉原、渋谷、池袋、立川、千葉、柏、横浜、藤沢、厚木、新潟、長野、金沢、名古屋、静岡、三重、京都、茨木、野田阪神、天王寺、堺、神戸、姫路、広島、岡山、高松、高知、北九州、福岡、熊本、鹿児島、沖縄

求人メディア
●障がい者雇用支援ぽじチャレ https://www.pojichalle.com/
●セントメディア求人サイト http://www.saintmedia.co.jp/

TEL●03-6862-2995
E-mail●info-ce@saintmedia.co.jp

コンサルタント数●50人
フィー体系●成功報酬

関連記事

【障がい者の中途採用】法定雇用率引き上げに対応するための採用で求人がさらに増加

【障がい者の中途採用】法定雇用率引き上げに対応するための採用で求人がさらに増加
セントメディア 森 晴貴 チャレンジド雇用支援事業部長

【流通・販売分野の中途採用】求人数と転職希望者数はともに増加傾向、女性求職者の比率高まる

【流通・販売分野の中途採用】求人数と転職希望者数はともに増加傾向、女性求職者の比率高まる
セントメディア 関口 昌宏 マネージャ

現場運営を受託し、売り上げにコミットするチーム型派遣で成長 セントメディア 大原茂社長

現場運営を受託し、売り上げにコミットするチーム型派遣で成長 セントメディア 大原茂社長
派遣スタッフとともに自社の社員を販売店舗やコールセンターに送り込み、現場の運営を丸ごと受託するビジネスモデルで成長中のセントメディア。同社を事業子会社に持つウィルホールディングスは昨年12月、東証第2部に上場を果たした。同社の大原茂社長にビジネスモデルの特徴や事業戦略などを聞いた。

優れたマーケティング戦略で特化型ビジネスモデルを確立 セントメディア 大原茂社長

優れたマーケティング戦略で特化型ビジネスモデルを確立 セントメディア 大原茂社長
人材派遣市場全体の成長が鈍化する中で、急成長しているのが人材派遣と求人サイトを手がけるセントメディアだ。同社の経営の特徴は、今後も成長が期待される人材市場分野に特化型のビジネスを数多く生み出していくという“オクトパス戦略”にある。 大手量販店を中心とした販売職の派遣や外国語を使った仕事を探す求人情報サイトの運営という特化したビジネス領域で業績を伸ばしている。また、人材に対するモチベーション重視の教育もサービスの質を向上させている。大原茂同社社長にこれまでの事業展開と今後の成長戦略について聞いた。
26 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード