マネトレ「管理職が直面する現場課題に対して最適化したコーチを提供し、マネジメント力向上を実現します」

管理職の「時間がない」「ノウハウが無い」「孤独」という3つの課題を解決するのがマネジメント向けコーチシステム「マネトレ」だ。アンケート結果のAI分析で組織状態を可視化し、課題の解決策・手法をコーチが提案する。コーチとのやり取りはチャット形式なので忙しい管理職も使い易い。テクノロジーを活用したこうした新しい提案によって、管理職の日々の成長・変革が促進され、人材獲得・定着力を高める企業が増えることを期待したい。(日本人材ニュース編集部の評価)

「マネトレ」の責任者に聞く 機能・活用法・独自性

「管理職が直面する現場課題に対して最適化したコーチを提供し、マネジメント力向上を実現します」

 (6145)

Paddle株式会社 大西雄大 代表取締役CEO

大手半導体メーカーでグローバル企業へのセールスに従事。その後パーソルキャリアにて中途採用支援、スタートアップ支援事業、HRサービスの企画等を経て、2018年にPaddleを設立。

機能

「マネトレ」は、「管理職ひとりひとりにパーソナルトレーナーがつき、日々のマネジメントをサポートする」という、今までにない新しいコンセプトで開発したマネジメント向けコーチシステムです。

◆組織状態をデータ分析し、マネジメント課題の解決策をコーチが提案
 管理職本人や部下のアンケート結果から組織状態をAIがデータ分析します。可視化されたマネジメント課題に対してチャットコーチが最適な解決策や具体的な手法を提案します。

◆チャット形式で、いつでもどこでもタイムリーな相談が可能
 チャットコーチには、外出先でスマホから相談することもできます。チャットコーチは管理職の課題を理解した上でアドバイスするため、新任からベテランまで、管理職としてのマネジメントスキルが異なっていても適切なサポートを受けることができます。

● 組織状態のデータ分析から課題を発見

課題の原因や改善策がレコメンドされる

課題の原因や改善策がレコメンドされる

● チャットコーチと課題解決に取り組む

チャットコーチにタイムリーな相談が可能

チャットコーチにタイムリーな相談が可能

活用法

 課題の早期解決が、従業員エンゲージメントやパフォーマンス向上につながります。

◆管理職が課題に感じたことを、その場でスピーディーに解決
 可視化された分析結果を見ることで実際の組織課題や管理職の自己認識とのギャップを容易に把握できます。組織に合った解決策がコーチから提案されるため、課題を積み残しにせず、スピーディーな解決を実現できます。

◆管理職の成長・変革で、従業員エンゲージメントやパフォーマンスが向上
 「マネトレ」が管理職の日々の成長・変革を促し、ピープルマネジメントが上手くなっていくと、従業員エンゲージメントやパフォーマンスの向上につながります。このような変化により、現場起点の新たな働き方改革や組織開発を促進することができます。

独自性

コーチがそれぞれの管理職に合わせたマネジメント改善プランを提案します。

◆管理職の豊富なデータを蓄積
 管理職は企業運営において重要な存在です。しかし、マネジメント手法が属人化してしまっていることが、管理職育成の課題となっています。
 当社はさまざまな企業の管理職からマネジメント手法の情報を収集・蓄積することで、組織の課題に合わせて「使える打ち手」として提案しています。

◆中小企業でも気軽に活用できる
 当社は「誰もがクリエイティブに能力を発揮できる社会を創る」をミッションに掲げています。管理職の育成のノウハウがなかったり、十分な労力を割けない中小企業でも、コーチと管理職が直接やりとりを行うため、人事負担を増やさずに活用いただけます。

「マネトレ」の専門分野

【対象】
大手企業、中堅企業、中小企業、ベンチャー企業、全業種

【機能】
組織診断、コーチ、管理職育成、次世代リーダー育成、新任管理職育成、ナレッジシェア、組織開発

「マネトレ」

 (6162)

https://www.manetore.net/

Paddle株式会社

代表者●代表取締役CEO 大西雄大
設立●2018年
資本金●500万円
従業員数●8人

住所●東京都品川区西五反田1-24-4 タキゲンビル8F

E-mail●info@manetore.net
22 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード

人事向け限定情報を配信中

セミナー・イベント一覧