ダイレクト・ソーシング/ ダイレクト・リクルーティングの活用法

SNSや求職者データベースの活用、社員紹介制度の確立、求職者に対して魅力的な採用ホームページの構築などが必要になるため、採用担当者を支援するサービスが出てきている。採用体制が不十分な企業は人材会社からどのようなサポートが受けられるのかを十分に確認することが大切だ。

 (3679)

 企業が人材会社を介さず求職者に直接アプローチするダイレクト・ソーシング(ダイレクト・リクルーティング)に対する採用担当者の関心が高まっている。

 ダイレクト・ソーシングのためには、SNSや求職者データベースの活用、社員紹介制度の確立、求職者に対して魅力的な採用ホームページの構築などが必要になるため、採用担当者を支援するサービスが出てきている。

 人材会社の中には運営する求人メディアや人材紹介サービスに登録した人材のデータベースを企業に提供し、その中に最適な候補者が見つかれば採用担当者がスカウトメールを送信できる機能を提供している。

 ただし、他の会社や人材会社も同じデータベースを閲覧しているため他社より早く連絡を取ったり、候補者から返信があるような関心を持たれるメールを出して面談に導くテクニックや社内の仕組みづくりが欠かせない。

 そのため、採用体制が不十分な企業がデータベースを利用する際は人材会社からどのようなサポートが受けられるのかを十分に確認することが大切だ。採用ノウハウが学べるセミナーを採用担当者に無料で提供している大手人材会社もあるので、採用担当者には役立つだろう。

 本格的にダイレクト・ソーシングに取り組んでいる企業では、人材会社出身者を採用担当者として新たに採用するなど体制を拡充していることが多い。

 採用体制が不十分であったり、ダイレクト・ソーシングだけでは採用が難しい場合は、その他の人材サービスを併用する必要がある。コストを低減したいという動機だけで取り組むと採用担当者の負担ばかりが増える。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選