インフォテクノスコンサルティング 「経営・人事・従業員の視点から必要とされる人材マネジメントを支援するシステムです」

インフォテクノスコンサルティング株式会社

 (1033)

http://www.itcc.co.jp
人材マネジメントシステム「Rosic」 http://www.rosic.jp

代表者●代表取締役 勝又愛仁
事業責任者●セールス・マーケティング事業部長 大島由起子
設立●2000年
資本金●3500万円
従業員数●非公開

住所●東京都新宿区四谷2-12-1 野村不動産四谷ビル
その他拠点●大阪

TEL●03-5919-3611
E-mail●info@itcc.co.jp

コンサルタント数●非公開
専門チーム●コンサルティング、テクニカルソリューション、セールス・マーケティング

サービス●Rosicアプリケーションシリーズの開発・販売・導入、人事情報活用支援、経営情報支援、ITコンサルティング、業務アプリケーション開発、ネットワークマネジメント

専門分野

【業種】
全業種

【職種】
人事、経営企画

【システム】
人材データベース、配置・異動、目標管理、人事評価、後継者管理、キャリア・スキル管理、研修管理、申請・ワークフロー、要員分析、人件費分析

日本人材ニュース編集部の評価

数多くの企業向けシステムの受託開発実績に基づく技術力が人材マネジメントシステム「Rosic」の基盤となっている。人事とシステム双方に精通したコンサルタントやSEがそろっており、コンサルティングやサポートに対応する安心感がある。10年以上にわたって安定的な事業運営を行い、日本企業の人材マネジメントの実態や課題に沿った機能強化と品質向上に努めている点が評価され、中長期の視点で人材活用を考えている各業界の優良企業が利用している。

責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「経営・人事・従業員の視点から必要とされる人材マネジメントを支援するシステムです」

 (3188)

大島 由起子  セールス・マーケティング事業部長

【プロフィル】
リクルート、Hewlett-Packard Australia Ltdを経て、Rosic事業の立ち上げのために当社に入社。人材マネジメントにおけるIT活用の推進に携わる。著書「破壊と創造の人事」(共著)。

人と組織の状況をデータで「見える化」し、経営・人事が直面する課題の解決を支援

 当社の人材マネジメントシステム「Rosic(ロシック)」は、2003年のサービス開始以来、業種を問わず大手中堅の優良企業の利用が多く、長期的なお付き合いが続いています。

 私たちの強みは、サポートなどを通じて毎日のように多くの人事の方と話をして実際に直面している悩みを肌で感じ、様々な課題の解決に貢献できる、より優れたシステムを提供するための改善を積み重ねていることです。

 多くの企業の人事は「多様化」への対応に急速に迫られています。ビジネスのグローバル化、グループ経営、多様な人材の活用、働き方の価値観の変化などが経営の重要課題として認識されており、個別対応の人材マネジメントが求められるようになっています。

 そうした中で経営陣が適切で迅速な意思決定を行っていくためには、様々な人事の情報が一元化され、人と組織の状況がデータとして「見える化」できるシステムの重要性がますます高まっています。

 経営や人事の課題をシステムだけで解決することはできませんが、スピーディーにデータが入手できれば解決に着手できたり、より良い解決策を見つけることができるからです。

システム導入後のサポートに力を入れ、経営の意思決定や人事業務の質向上に貢献

 ベストプラクティスの集合体であるパッケージを活用することは大変有効ですが、経営戦略と密接な人材マネジメントには各社の独自性があり、時代とともに変化していきます。

 近年はタレントマネジメントへの関心の高まりで、比較的手軽に導入できるシステムも出てきていますが、自社が必要とする活用段階での自由度を担保していないと期待していた効果を得られずに終わってしまうケースも見られます。

 当社がシステム導入後のサポートに力を入れているのは、「Rosic」のようなマネジメント系のシステムは導入時点がスタートで、システムをどう活用していくかによって本来の費用対効果が問われるからです。

 人材マネジメントは、簡単かつ短期間にわかりやすい答えを出すことが難しい分野です。そこに真剣に取り組んでいる人事・経営層の方々の要望に確実に応え続けていくことで、15年近く安定的な事業運営をし、品質向上に努めてきました。

 クライアントからは、導入によって以前は見えていなかった実態や課題が明らかになり、経営の意思決定や業務改善に向けた取り組みの質が高まっているという評価を得ています。

経営に資する人材マネジメントのために、人事の「武器」となるシステムを提供

 「Rosic」を導入することによって人事の仕事の質は大きく変わります。手作業による資料づくりは格段に減り、「Rosic」から出てくるデータを見て、経営に資する人材マネジメントのために具体的に何をすべきなのかをこれまで以上に深く考えることが仕事になります。

 経営環境が目まぐるしく変化して行く中で、経営陣に情報を提供しデータに基づいて話ができる人事への転換がさらに進んでいくと思います。

 より多くの人事の方にとって「武器」となるシステムを提供することが私たちの役割だと考えています。
19 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード

セミナー・イベント

プレスリリース