リス「80万人超の登録者と効率的なマッチングを行い、合理的で確実性の高い採用を実現します」

木村 亮郎 代表取締役社長

リス

 (1344)

http://www.lis21.co.jp/

リス株式会社

代表者●代表取締役社長 木村亮郎
設立●1980年
資本金●1億円
従業員数●60人

住所●東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル25F
その他の拠点●群馬、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島

TEL●03-5909-4120
E-mail●lis@lis21.co.jp

求人メディア●しごとナビ http://www.shigotonavi.co.jp

コンサルタント数●企業・候補者担当27人
専門チーム●メディカル、IT、建設
フィー体系●成功報酬

専門分野

【業種】
全業種、IT・通信、ネットワークインテグレータ、製造、住宅、消費財・サービス、金融、メディカル、コンサルティング

【職種】
全職種、経営・企画、営業・販売、営業(法人)、MR、管理・事務、技術・研究、IT・システム、SE、コンサルタント、クリエイティブ

【対象者】
経営者・役員、事業責任者、マネジャー、中堅、若手、第二新卒、新卒、バイリンガル、医師、看護師、臨床検査技師、介護士

日本人材ニュース編集部の評価

企業が必要とする支援を柔軟に選択できる「LIS採用支援システム」が成果を上げている。自社で開発・運営する求人求職サイト「しごとナビ」が最大の強みで、登録者は全ての業種・職種を対象に現在80万人超。ニッチな求人にも対応できる集客ノウハウを持つ。採用活動のロスを減らすために、サービス別となっていた求職者対応機能を統合したり、採用担当者に人材情報を配信してスピーディーで効率的なマッチングを支援している。

責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「80万人超の登録者と効率的なマッチングを行い、合理的で確実性の高い採用を実現します」

 (1753)

木村 亮郎 代表取締役社長

【プロフィル】
1980年、愛媛でリス設立、社長就任。1993年、本社を東京に移し、拠点拡大・求人求職サイト「しごとナビ」開発運営に注力。人材派遣から総合人材サービスに転進し、社会的使命を意識した経営に取り組む。

人材紹介、求人広告、人材派遣の三段構えで、成功報酬型の4つのプランを提案

 総合人材サービス会社として、人材紹介、求人広告、人材派遣の三段構えで求職者と企業をつなぐ最も合理的な「LIS採用支援システム」を展開し、4つのプランを用意して幅広い人材サービスの選択肢を提供しています。

 「人材紹介」は採用が決定するまでのフルサポートで手数料は理論年収の35%以上、「エージェントNEO」は採用最終段階までの支援で手数料は同20%、「求人広告」の手数料は同10%(アルバイトは5%)、「人材派遣」は労働時間×契約単価となっており、求める人材に応じてサービスを柔軟に使い分けることが可能です。

 当社がこうした提案ができるのは、自社開発の求人求職サイト「しごとナビ」があるからです。「しごとナビ」は、求職者が希望する様々な雇用形態に一括登録ができるようにして利便性を高めているため、登録者は事務・企画、サービス・販売、営業、ソフトウエア・インターネット、電気・電子、機械・設備、医療・福祉・介護などの全業種・職種にわたり、月間5000人以上の新規登録があります。

 現在の登録者は80万人超で、多くの求人求職サイトの中でも上位に入る規模となっています。

マッチング精度とスピードアップのためにAI活用で顧客満足向上へ

 あらゆる分野で人材不足が深刻になる中で、無駄のない合理的かつ確実性の高い採用活動を実現するための取り組みを強化し、企業のニーズに合わせて人材情報を無料で配信する「LISジャーナルW」が好評です。

 採用担当者が予め登録した「経験職種」「希望職種」「希望勤務地」「保有資格」などの条件に合わせて、「青メール」「赤メール」の2種類を配信しています。

 「青メール」はコンサルタントが面談を済ませた優良求職者情報の定期的な配信、「赤メール」は「しごとナビ」の日々200人前後の新規登録者情報の配信で、採用担当者とのコミュニケーションを補強しています。

 特に「赤メール」は、企業ニーズに合致した最新の人材情報が最速でキャッチできるため、即日にオファーを入れて、他社からの動きが出る前に採用決裁を出せるというスピード感で採用の確率を高めることができる新システムです。

 また、クライアントニーズにマッチングの精度を高めてスピードアップに取り組むため、AI(人工知能)を導入します。人と企業をつなぐ社会的役割を全うするには、年々増え続ける情報量を自在にコントロールすることが不可欠であり、顧客の満足できる結果を出す手段と考えます。

求職者と企業から共感を得て、雇用に対する人材会社の使命を果たす

 1980年の創業以来、求職者、企業、当社の「三者共存」を大切な考え方として事業を運営し、長年にわたる信頼関係が安定した事業運営の基盤となっています。多くの企業で人材確保が喫緊の課題となり、これまで以上に様々な人々とマッチングの機会を創出する必要があります。

 「LIS採用支援システム」で採用が活性化すれば、求職者に就業機会を提供することができます。求職者と企業から共感を得て雇用の良い流れを創出することが、人材サービス会社の社会的な使命であると考えています。

【建設の中途採用動向】施工管理経験者の需要が高い、U・Jターン人材はコンスタントに採用決まる

【建設の中途採用動向】施工管理経験者の需要が高い、U・Jターン人材はコンスタントに採用決まる
リス 川根 博 シニアマネージャー

自社開発の求人サイトを武器に成果報酬型サービスで拡大目指す リス 木村亮郎社長

自社開発の求人サイトを武器に成果報酬型サービスで拡大目指す リス 木村亮郎社長
 人材派遣会社として創業したリスが、人材紹介事業で業績を順調に伸ばしている。4月には自社で開発・運営する求人サイトを活かした成果報酬型の新サービス「エージェントNEO」を開始して事業拡大を目指す。同社のこれまでの取り組みや新サービスの特徴について、木村亮郎社長に聞いた。
21 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード

組織変革、研修、EAP、人事システムのご相談なら

セミナー・イベント

プレスリリース