アデコ 「職種別組織と360度式のコンサルティングで、専門性を深化させ“ベストマッチ”を実現します」

アデコ株式会社

 (1414)

http://www.adecco.co.jp

代表者●代表取締役社長 川崎健一郎
事業責任者●人財紹介事業本部長 板倉啓一郎
設立●1985年
資本金●55億6000万円
従業員数●2700人

住所●東京都港区南青山1-15-9第45興和ビル

TEL●03-6743-8029
E-mail●humanlink@jp.adecco.com

コンサルタント数●非公開
専門チーム●IT・エンジニアリング、HR&ファイナンス(管理系)、セールス&マーケティングなど業種・職種ごとにチームを設置
フィー体系●成功報酬

専門分野

【業種】
全業種

【職種】
全職種

【対象者】
経営者、社外取締役・監査、事業責任者、事業責任者(海外)、マネジャー、中堅、若手、第二新卒、新卒、バイリンガル、外国人、留学生・海外大生、外国人留学生、海外大生、日本人留学生、海外現地人材、中高年

日本人材ニュース編集部の評価

グローバルに事業を展開する人材サービスのリーディングカンパニー。全国に拠点を擁し、人材紹介、人材派遣、アウトソーシングなど多彩なサービスの質の高さでブランドイメージを確立している。人材紹介部門では、従来のゼネラルな体制を抜本的に改め、専門領域を細分化して1人のコンサルタントが求人企業と求職者の両方を担当する組織再編を行った。これにより、データ・マッチングでは満たされない“ベストマッチ”へのニーズに応えている。

責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「職種別組織と360度式のコンサルティングで、専門性を深化させ“ベストマッチ”を実現します」

 (1756)

板倉 啓一郎 人財紹介事業本部長

【プロフィル】
1963年生まれ。大学卒業後、伊藤忠商事入社。ケリーサービス ジャパン代表取締役社長、TSケリーワークフォースソリューションズCIOを経て、2014年、アデコ人財紹介事業本部長に就任。

3つの職種別専門部門の下に、産業別・詳細職種別チームを編成し、専門性を追求

 世界最大の人財サービス企業である当社の人財紹介事業は、顧客企業に対する提案型紹介を通じ、新卒からエグゼクティブまで企業ニーズに合った最適な人財との出会いと定着を実現しています。また、求職者に対しては職種・業種への深い造詣を活かし、より良いキャリア形成の末長きパートナーとなるよう努めています。

 紹介する人財は、ボリュームゾーンであるミドルポジションを中心に、役員をはじめとしたハイポジションや、近年市場規模が拡大している新卒・第二新卒の求人に関しても専門チームを設置して積極的に事業を展開しています。

 組織体制は「HR&ファイナンス紹介部」「セールス&マーケティング紹介部」「IT&エンジニアリング紹介部」の3つの職種専門部門に分かれ、さらに各部門においては産業・職種別の専門チームを編成し、マトリクス型組織によって担当分野ごとの専門性を追求しています。

 同時に、複数ポジションや大量採用といった求人依頼に対しても、必要な専門性を持ったコンサルタントが特別チームを編成することによって、企業の様々な採用ニーズに合わせて最適な人財を紹介できる体制を構築しています。

専門分野別組織と360度式のコンサルティングによりエージェント機能を強化

 2014年10月にコンサルティング体制の再構築を行い、専門分野ごとの組織に再編するとともに、1人のコンサルタントが企業側の求人営業と候補者側のキャリアカウンセリング業務の両方を担当する体制にしました。この体制変更の狙いは、いうまでもなく「専門性の深化」にあります。

 求人メディアの進化で大量の求人・求職者情報が飛び交う中、求人案件ごとに最適な求職者を紹介する、あるいは一人ひとりの求職者に最適な仕事を紹介するという、 “ベストマッチ”に対するニーズが高まっています。

 こうしたトレンドに的確に対応し、企業と求職者双方の期待に応えられるようになるため、コンサルタント一人ひとりが担当分野における知識・経験を蓄積できるような体制のもと、専門性を持つコンサルタントによるエージェント機能を強化しています。

マルチリンガルなコンサルタントの増員で新たなニーズに対応

 専門性の深化を加速させるためにコンサルタントの育成に注力し、各領域のプロフェッショナルを講師に招いて充実した研修を実施しています。また、アジアにおける生活レベルの向上など、経済のボーダーレス化が進む現在の市場においては、国外への展開を図る企業がより一層増加することが予想されます。

 当社では国籍を問わずマルチリンガルなコンサルタントを増員しており、このような新たなニーズにも迅速に応えることが可能になっています。アデコグループはグローバルで6つの戦略的プライオリティを掲げていますが、その一つが人財紹介事業の強化です。

 日本では2020年までにコンサルタント数を現在の3倍に増員する計画を立てています。今後も企業と求職者の双方に対し付加価値の高いサービスを提供できるよう、取り組んでいきます。

【流通・販売の中途採用動向】物価上昇に見合う付加価値を持たせた営業ができる人財に高い需要

【流通・販売の中途採用動向】物価上昇に見合う付加価値を持たせた営業ができる人財に高い需要
アデコ 浅野 雅史 人財紹介事業本部 セールス&マーケティング紹介部長
20 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード

セミナー・イベント

プレスリリース