ゼロイン「組織のビジョンを一人ひとりのアクションに。社内コミュニケーション施策をトータル支援します」

並河 研 取締役副社長 兼 COO

日本人材ニュース編集部の評価

企業力向上のために、従業員の活性化やリテンションは全企業共通の課題だ。事業の持続的成長には、企業目標の実現を促進する理念やビジョンを、従業員に浸透させていくことが不可欠。同社は、ビジョンや行動指針の策定から、浸透・推進に到るまでの様々な施策、効果的なイベントなどの企画運営など、上流から下流までを一貫して支援している。コミュニケーションが活性化し、企業が一枚岩となって目標達成に向かっていける組織作りに貢献が可能だ。

責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「組織のビジョンを一人ひとりのアクションに。社内コミュニケーション施策をトータル支援します」

 (4360)

並河 研 取締役副社長 兼 COO

1984年、リクルート入社。社内広報室で社内コミュニケーション施策や教育映像などをプロデュース。 2009年にゼロインに入社し、様々な企業の組織活性化を手掛ける。2009年に取締役、2014年より取締役副社長兼COOに就任。

ビジョンや方針を従業員に接続し、モチベーションを高める

 会社の方針や戦略を社内の人材にどう伝え、浸透させていくのか。従来型の研修だけでは、理解促進はできても、行動にまでつなげていくのはなかなか難しいのではないでしょうか。

 従業員に「伝わり」、自ら「動きだす」ために注目されているのが、“社内コミュニケーション”や“インナーブランディング”といった広報的知見です。

 人口が減少し、環境が複雑化・多様化する中では、従業員のリテンションや経営ビジョンの実現に、従業員一人ひとりの理念やブランドへの共感醸成と、体現行動の促進、フィードバックの仕組みが欠かせません。

 当社は経営ビジョンや行動指針の策定から浸透、推進までのインナーコミュニケーションの一連のプロセスを支援しています。従業員のモチベーションを高め、コミュニケーションと体現行動を促進する施策と組織風土づくりをお手伝いします。

● 企業のビジョンを体現するまでに取り組む3つのフェーズ

 (4756)

ブランドを体現する行動を促進し、社内に広げ、風土として定着させる

 ビジョンや行動指針の浸透・推進フェーズにおいては、社員総会や表彰式、社内報、社内運動会や懇親会といった広報施策と、評価や表彰、人事制度、採用での人材要件やメッセージなどの人事施策が、一貫性と連動性をもつことが大事です。

 当社は施策ごとの企画・運営・実行サポートはもちろん、各施策間をつなぐストーリーと複数年にわたる状態目標やゴールを、クライアントとともに描いていきます。

 特に推進フェーズで重要な施策が、組織ビジョンや行動指針の体現行動や兆しとなる先行事例を表出し、社内に共有し称賛する場、アワードです。成果の再現は難しくても、プロセスなら他者も真似できます。

 また、顧客や課題に向き合い挑戦している従業員の思いやスタンスは社内に伝播していきます。そのための仕組みや評価基準づくり、従業員やマネジメント層の巻き込み方、案件の伝え方や称賛方法など、培ったノウハウでよりよい場づくりを支援します。

従業員の経験価値を高め、企業ブランドの発信者に

 理念やビジョンを周年などを機に再構築する企業も多く、その際、経営層だけでなく、次世代リーダーや若手従業員も巻き込んでバリューや行動指針を一緒につくるケースが増えています。

 ワークショップでの対話プロセスを経てできた言葉は、自分ゴト化・体現されやすく、彼ら自身が伝道者として社内外へと発信します。そんな経験価値を感じることが、従業員のエンゲージメントを高めていくのです。

専門分野

【業種】
全業種

【職種】
全職種、広報・IR、人事

【対象者】
経営者・役員、事業責任者、マネジャー、中堅、若手、新卒

ゼロイン

 (4361)

https://cd.zeroin.co.jp/

株式会社ゼロイン

代表者●代表取締役会長 兼 社長 兼 CEO 大條充能
設立●1998年 
資本金●2267.5万円 
従業員数●115人

住所●東京都中央区銀座7-4-12 銀座メディカルビル4F
その他拠点●大阪

TEL●03-5537-5117
E-mail●info@zeroin.co.jp

コンサルタント数●非公開
サービス●インナーコミュニケーション、インナーブランディングのコンサルティング、ビジョン・ブランド策定・浸透支援、社員総会・表彰式・ビジョンアワード・企業運動会・パーティー・社内報等のコミュニケーション施策の企画・制作・実行
21 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード