人材紹介の活用法

大量採用の場合は、登録者データベースから一度に探し出して数多くのスクリーニングや面談をこなす必要があるため、登録者数やコンサルタント数が多い人材紹介会社を選ぶとよい。一方、専門性や事業への貢献度が高い人材の採用の場合は、専門領域に強いコンサルタントが在籍する人材紹介会社へ依頼する必要がある。

 (1853)

 企業が求人を人材紹介会社に依頼するとコンサルタントが適格な候補者を紹介してくれるサービス。求職者のスキルや実務経験等が求人にふさわしいかを見極めるスクリーニングが、コンサルタントに期待されている役割の一つだ。

 人材紹介会社は宣伝広告やセミナーなどを行って求職者を集めて自社で登録データベースを構築したり、日頃から候補者となりうる人材のネットワーク化を図っている。

 人材紹介会社の形態は、求職者のデータベースと求人をマッチングする「登録型」と、データベースに限らずに候補者を探し出す「サーチ型」に分類される場合もあるが、ほとんどが登録型とサーチ型を併用している。

 人材紹介会社向けにデータベースを提供する会社も複数あり、候補者にアプローチする手法は多様化している。

 大量採用の場合は、登録者データベースから一度に探し出して数多くのスクリーニングや面談をこなす必要があるため、登録者数やコンサルタント数が多い人材紹介会社を選ぶとよい。一方、専門性や事業への貢献度が高い人材の採用の場合は、専門領域に強いコンサルタントが在籍する人材紹介会社へ依頼する必要がある。

 専門の調査担当者(リサーチャー)を配置して、候補者を独自に探している人材紹介会社もある。

 手数料は一般的に成功報酬で採用者の年収の30〜35%。採用が決まらなければ費用は発生しないが、人材紹介会社には活動のリスクが生じるので、期間内に確実に採用したい場合は、必要経費を一部前払いして候補者の紹介をコミットしてもらう方法もある。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選