医療機関向けサービスの活用

医師の採用活動では、人材紹介会社やヘッドハンティング会社が主に活用されるが、「医師や人材紹介会社に対してスピーディーにレスポンスしているか」といった対応力の差が採用の成功を左右する。病院内で専門スタッフの確保が難しい場合は、RPO(採用代行)サービスを活用するという方法もある。環境の変化に対応できる病院経営を実現していくためにも、採用体制の見直しや教育の充実、人事評価制度の適切な運用などをサポートするサービスを有効に活用したい。

 (4928)

 高齢化の進展で高まり続ける医療ニーズ、訪問介護などの在宅医療の需要も増加し、医療スタッフの人手不足は深刻になっている。

 医師の採用活動では、人材紹介会社やヘッドハンティング会社が主に活用されるが、「医師や人材紹介会社に対してスピーディーにレスポンスしているか」といった対応力の差が採用の成功を左右する。そのため、採用数が多い大規模病院では「医師招聘部」を設置したり、企業人事や人材紹介会社の経験者を専任者として配置し、採用力を強化する病院が増えている。そうした専門スタッフの確保が難しい場合は、RPO(採用代行)サービスを活用するという方法もある。

 看護師の新卒採用では病院付属の学校などの採用ルートを持たない病院による採用競争は特に激しく、合同説明会などで一般応募の看護学生との接点をどのように活かすかが重要になる。看護師や薬剤師の人材紹介では、求職者とは会わずにメールや電話だけのやり取りだけでマッチングを図る人材紹介会社も多いが、採用のミスマッチや離職率の高い状況を改善するためには、コンサルタントが求職者と面談した上で推薦してくれる人材紹介会社をパートナーに選ぶ必要がある。

 そして、働き方改革の取り組みも急がなくてはならない。医療機関では人事評価や労働時間管理が適切に行われているとは言えない職場が多いという。医療機関を取り巻く環境の変化に対応できる病院経営を実現していくためにも、採用体制の見直しや教育の充実、人事評価制度の適切な運用などをサポートするサービスを有効に活用したい。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選