キャニングプロフェッショナル 「グローバルな活躍を目指す組織・人材のためにアセスメントと実践的なトレーニングで支援します」

キャニングプロフェッショナル株式会社

 (1101)

http://www.canning.co.jp

代表者●代表取締役 横山功
設立●1986年
資本金●2000万円
従業員数●16人

住所●東京都千代田区富士見1-12-9 Green Earth Building3F
その他拠点●ロンドン、ミラノ
ネットワーク・提携●【提携】サヴィルコンサルティング(英国)

TEL●03-6261-3870
E-mail●info@canning.co.jp

コンサルタント数●非公開

サービス●グローバル人材育成、リーダーシップデベロップメント、コーチング、サヴィル ウェーブ(アセスメントレポート)の提供・コンサルティング、組織・人事コンサルティング

専門分野

【業種】
全業種、エンジニアリング、電機、自動車、商社、ラグジュアリー、金融、医薬、医療機器、コンサルティングファーム、シンクタンク

【職種】
全職種

【対象者】
経営者・役員、事業責任者、マネジャー、中堅、若手、新卒、バイリンガル、外国人、次世代リーダー、海外赴任者

日本人材ニュース編集部の評価

2012年からサヴィルコンサルティング社のアセスメントツールの日本への導入を開始し、グローバル展開を推進できる次世代幹部候補の発掘・育成、従業員の活躍を引き出すための配置やチームビルディングへの活用などで実績がでてきている。グローバルな人材育成・コミュニケーションのトレーニングでは、不足しているスキルを的確に見極めて指導できるトレーナーの質の高さや実践的なプログラムによって、多くのグローバル企業から高い評価を得ている。

責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「グローバルな活躍を目指す組織・人材のためにアセスメントと実践的なトレーニングで支援します」

 (1098)

横山 功 代表取締役

明治学院大学法学研究科修士課程修了。人材教育会社、米系大手保険会社を経て、2008年キャニングに入社。クライアント企業のグローバルリーダー育成、Savilleアセスメントのコンサルティングに従事。13年9月代表取締役に就任。

高い信頼性が評価されているアセスメントツールの日本企業への導入を強化

 当社は1965年にロンドンで創業して以来、世界30カ国を超える国で、15万人以上、70におよぶ多国籍のビジネスパーソンにトレーニングプログラムを提供しています。日本では1986年からグローバルビジネスの課題に直面する企業に対し、人材育成とコミュニケーション能力開発の両面から支援しています。

 2012年からは、コンピテンシーベースのアセスメントツールを開発したサヴィルコンサルティング社の日本におけるパートナーとなっています。サヴィルのアセスメントは、市場に出回っている29のアセスメントツールを比較した「エプソンレポート」で信頼性が最も高いと評価されています。また、アセスメントレポートはビジュアルに富み、受検者向けやマネジャー向けなどの利用目的に応じて様々な切り口による分析内容がフィードバックできます。

 日本企業の活用事例では、大手メーカーがグローバル展開を推進できる次世代経営幹部育成のために、自社のリーダーシップコンピテンシーを計ることができるようにレポートのカスタマイズを行った上で日本と海外の人材を同じ基準で評価し、能力開発を加速させています。小売業の企業はリーダー候補に対する半年間の研修の効果測定に用いています。

 若年層の人材確保が難しくなっていることへの危機感を持つ経営者や人事責任者が多く、従業員の強み弱みを的確に把握した上で費用対効果の高い研修企画、適材適所の配置やチームビルディングに活用する企業が増加しています。

グローバル企業のリーダー育成を国内外で共通のプラットフォームで実施

 効果が実感できる実践的なグローバルコミュニケーションのトレーニングに実績当社はアセスメントやインタビューで明らかになった課題に対して「パーソナルデベロプメントプラン」を作成し、仕事で能力を発揮するために必要なスキルセットのトレーニングプログラムを提案しています。

 アセスメントとトレーニングを有機的に組み合わせて、日本人、外国人、日本語、英語のいずれの依頼に対しても対応できることが強みです。

 トレーニングでは仕事での活用にフォーカスしてロールプレイとフィードバックを繰り返します。効果が実感できる実践的なプログラムとトレーナーの質の高さにこだわっていることが、クライアントの満足度の高さにつながっています。例えば、ルノーと日産自動車は提携後に、フランスと日本で当社のグローバルコミュニケーショントレーニングを導入し現在まで継続しています。

 日系、外資系企業を問わず、新入社員からマネジメント層までの豊富な実績があり、最近は海外事業を拡大する日本企業からエグゼクティブ層の英語によるビジネスコミュニケーションスキル向上のための依頼も多くなっています。

リーダーシップ開発のトータルサービスを追求し、顧客のビジネス成果につなげる

 アセスメントやトレーニングを受ける一人一人が仕事への自信を高められるように支援アセスメントで自らの正しい姿を理解し、スキルを習得する目的は、仕事で最高のパフォーマンスを発揮するためです。当社が最も大切にしているのは、アセスメントやトレーニングを受ける一人一人が仕事に対する自信を高めてもらうことで、グローバルな環境で活躍を目指す組織や人材を支援していくことです。
19 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード

組織変革、研修、EAP、人事システムのご相談なら

セミナー・イベント

プレスリリース