ヘルスデザイン「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

ヘルスデザインは産業医・保健師をネットワークし、従業員や組織の健康を守る産業保健サービスに専門的に取り組む企業。産業医の専門学会である日本産業衛生学会に専門性が認められ、産業医の「研修施設」に登録されている。がん対策推進総合研究事業(厚生労働科学研究)における「がん治療と就労の両立支援」への活動が評価され、「架け橋大賞」(2017年度)を受賞するなどの評価も得ている。こうした高度な専門性と、チームでの対応力が強みだ。(日本人材ニュース編集部の評価)

ヘルスデザインの責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

 (5244)

ヘルスデザイン 坂本宣明 代表取締役

産業医科大学2002年卒。一般財団法人京都工場保健会、こころとからだの元氣プラザでの嘱託産業医活動、東芝テックでの専属産業医活動を経て、ヘルスデザインを設立。
 (5245)

ヘルスデザイン 大﨑陽平 代表取締役

産業医科大学2003年卒。一般財団法人京都工場保健会での嘱託産業医活動、アデコでの専属産業医活動全社統括産業医業務)を経て、ヘルスデザインを設立。

産業医・保健師が集まったチームで企業規模・業種を問わず広く支援

 当社は、企業や団体で嘱託または専属で産業医を務めてきた専門家が集まったチームです。企業への嘱託産業医を担当するだけでなく、産業医を育成する指導医も務めています。

 支援企業は従業員数50人規模の企業から900人規模の企業まで幅広く嘱託産業医として活動を行い、その他に数万人規模の大企業の専属産業医のサポートも手がけています。取引先は、製造業、情報サービス業、飲食サービス業、職業紹介・労働者派遣業、広告業、宿泊業、官公庁など広い業種をカバーしています。

●従業員数別支援内容

従業員数に合わせた支援が可能

従業員数に合わせた支援が可能

サービス内容は多様、ニーズに応じて最適な支援内容をご提案

 サービス内容は、健康診断後の健康管理・病気の予防、安全衛生委員会・職場巡視、生活習慣病等の研修・セミナー、ストレスチェックおよび医師への接続、メンタルヘルス(個別対応、体制づくり)、休職者・復職者への支援、健康経営アドバイス、障がい者雇用などダイバーシティ推進、長時間労働・夜勤者などの健康管理など、従業員の健康を守る取り組みを網羅しています。

 産業医選任義務のない50人未満の小規模事業所においても、従業員を守る上で同様の取り組みは必要です。Webや動画を使った医師や保健師による面談サービスもあり、遠隔地の事業所にも対応可能です。

 各企業への支援は、嘱託として月1~2回の訪問が基本ですが、急を要する場合などのスポット的な個別対応も行います。

多くの対応事例の中から複眼的に最適な対応策を導き出すチーム体制

 当社の強みは、“専門産業医”と“チーム対応力”です。産業医不足の今、活動実態が少ないケースも散見されますが、産業医の専門性として従業員の健康を守るためには、企業を深く理解し、経営や人事、専門医、そして従業員の上司や本人と連携して対応していく専門能力を備えている必要があります。

 問題が起きている従業員の就労環境を把握し、的確な改善策を人事や職場の上司に提言することは、まさに産業医の本領です。

 また、単独で対応する産業医が少なくありませんが、当社では社内および外部の産業医・臨床医・保健師ネットワークを活用し、多くの対応事例から複眼的に最適な対応策を導き出すチーム体制を取っています。

ヘルスデザインの専門分野

【業種】
全業種

【職種】
全職種

【対象者】
経営者・役員、事業責任者、マネジャー、中堅、若手、第二新卒、新卒、バイリンガル、障がい者、中高年、弁護士、会計士・税理士

ヘルスデザイン

 (5248)

http://health-d.co.jp/

ヘルスデザイン株式会社

代表者●代表取締役 坂本宣明 大﨑陽平 
設立●2015年
資本金●300万円
従業員数●10人

住所●東京都世田谷区玉川4-5-6 Green Terrace Ojima 3F
TEL●03-6447-9800
E-mail●info@health-d.co.jp

コンサルタント数●6人
サービス●産業医・保健師の業務委託、健康診断後の健康管理、安全衛生委員会、職場巡視、研修・セミナー、ストレスチェック 、メンタルヘルス対応、休職者・復職者支援、健康経営、ダイバーシティ推進、長時間労働・夜勤等への対応
22 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード