NEC VALWAY「パワハラ防止策や健康経営の実効性を高める内部通報窓口代行サービスです」

NEC VALWAYは、企業活動における業務プロセスを対象とした様々なアウトソーシングサービスを提供している。「内部通報窓口代行サービス」は中立性と透明性を担保することで、従業員が安心して相談できる窓口を提供するサービスであり、義務化されるパワハラ防止策の対応を急ぐ企業からの引き合いが多い。同サービス以外にもNECグループがもつノウハウや技術を活かしたサービスを提供しており、企業の働き方改革と健康経営を支援するパートナーとなっている。(日本人材ニュース編集部の評価)

NEC VALWAYの責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「パワハラ防止策や健康経営の実効性を高める内部通報窓口代行サービスです」

 (6441)

NEC VALWAY 佐藤雅彦 事業運営本部 第2APS 部2G 課長

健康経営を支援する様々なソリューションを開発。メンタルヘルス対策やハラスメント対策の領域で400社以上のユーザーを抱える事業の責任者。職場環境の問題点に関する講演セミナーや、経営者やスタッフ部門向けのコンサルティングを提供している。

第三者機関として通報・相談を受け付け、高い精度のリスクレポートを企業に報告

 パワーハラスメント防止策の企業への義務化によって対応が急務となる中、当社は2015年からメンタルヘルス相談窓口等を企業に代わって運営してきた実績を活かし、「内部通報窓口代行サービス」を提供しています。

 パワハラを含む法令・規則違反の通報や各種相談などを第三者機関として当社が受け付け、傾聴スキルを持つ担当者がヒアリングした上で高い精度のリスクレポートを作成します。相談後の翌営業日には企業の担当者に報告し、対応方針や事後の取り組みを回答してもらい、それを当社から相談者にフィードバックします。

医師や弁護士、通訳などとも連携しており、リスクレポートの監修、メンタル相談対応、多言語対応などの充実したバックアップ体制を構築しています。

●「内部通報窓口代行サービス」の仕組み

法令・規則違反の通報だけでなく、従業員からの各種相談を...

法令・規則違反の通報だけでなく、従業員からの各種相談を広くカバーする

窓口の一本化とレポートラインの確立で、内部通報の実効性が格段に高まる

 利用企業からは「パワハラ防止策の義務化に対応できる相談窓口をスムーズに設置できた」という声に加え、さまざまな相談窓口が一本化されて効率的になり、レポートライン(報告体制)が確立したことによって、内部通報の実効性が格段に高まったとの評価を得ています。

 一方、従業員からは「企業の担当者には言い難い悩みや意見を匿名で相談できるので、自分だけで抱え込まず早い段階から相談できるようになった」と好評です。

働き方改革に直結する健康経営を多角的に支援するサービスを提供

 当社は、企業の働き方改革に直結する健康経営を多角的に支援するために「組織エンゲージメント分析」「メンタルヘルスケア」「ハラスメント防止研修」などのサービスも提供しています。
 義務化されるパワハラ対策だけに留まらず、より多くの企業の健康経営をサポートし、心身共に健康な従業員が、風通しの良い職場でやりがいをもって働く社会を実現するために貢献したいと考えています。

NEC VALWAYの専門分野

【業種】
全業種、IT・通信、製造、消費財・サービス、金融、メディカル、コンサルティング

【職種】
法務、人事、総務

【対象者】
経営者・役員、事業責任者、マネジャー

NEC VALWAY

 (6455)

https://nec-vw.com/koueki-tsuhou/

NEC VALWAY 株式会社

代表者●代表取締役社長 金田知之
事業責任者●事業運営本部 第2APS 部2G 課長 佐藤雅彦
設立●2001年
資本金●5000 万円
従業員数●1500 人

住所●東京都港区芝1-15-11 芝光和ビル
その他の拠点●NCO 札幌、東京センター、沖縄センター、京都センター

TEL●0120-556-730
E-mail● 問い合わせフォームから
https://nec-vw.com/koueki-tsuhou/#contact_form
20 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード

人事向け限定情報を配信中

セミナー・イベント一覧