日本コーン・フェリー・インターナショナル「人材の“部分最適”から“全体最適”への転換をエグゼクティブ・サーチやアセスメントで支援します」

妹尾 輝男 代表取締役社長

日本人材ニュース編集部の評価

経営幹部やスペシャリストを対象とする世界最大級のエグゼクティブ・サーチ会社として有名。ビジネストランスフォーメーション、コーポレートガバナンス、グローバリゼーションという日本企業が直面する課題に対して、社内人材のアセスメントやリーダーシップ開発のコンサルティングで組織全体のパフォーマンス向上を提案し、社内に人材が不足している場合は、国内外におけるエグゼクティブ・サーチでスピーディーに支援する。

責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「グローバル化と情報革命の中で、成果を出せるエグゼクティブの獲得を支援します」

 (3235)

妹尾 輝男 代表取締役社長

横浜国立大学卒。外資系企業の日本子会社代表取締役を務めた後、スタンフォード大学MBA取得。ベイン・アンド・カンパニーを経て、日本コーン・フェリー・インターナショナル入社。2010年から現職。

日本企業の三つの課題解決のために 人材の全体最適を総合的に支援

 今、多くの日本企業は三つの課題に直面しています。一つ目はビジネストランスフォーメーション。特にデジタルテクノロジーを活用してビジネスを変えていく必要に迫られています。そのためには、まず社内にそれを実現できる人材がいるのかをアセスメントする必要があります。人材が不足している場合は今から育てていては間に合いませんので、外部から経験を持つ人材の獲得を検討しなければなりません。
 
 二つ目はコーポレートガバナンスです。取締役会メンバーの評価に加え、社外取締役やアドバイザーとしてデジタルや海外事業に知見を持つ人材を加えたいという企業が増えています。また、次世代リーダーのサクセッションプランでは、社内選抜・育成だけでなく、社外の優秀人材も候補者として考えることが当然となっています。
 
 三つ目はグローバリゼーションです。増加している海外M&Aではマネジメントレベルを客観的に評価し、必要であれば新しい経営者を探す必要があります。また、グローバル人材を育成するための依頼も増えていますが、海外事業の成長スピードに対して育成が間に合わない場合は外部からの採用が必要になります。

 こうした課題に対して社内の人材だけで対応していると“部分最適”に陥ってしまいます。先進企業では社外のリソースまで含めた人材の“全体最適”への転換を進めており、当社はアセスメントやエグゼクティブ・サーチ、組織・人事コンサルティングなどの総合的なソリューションで支援しています。

「アート&サイエンス」に基づく グローバルなエグゼクティブ・サーチ

 コーン・フェリー・インターナショナルは、1969年に米国で設立された世界最大級の人材コンサルティングファームで、日本オフィスは1973年に設立されました。2015年に組織・人事コンサルティングファームのヘイグループを買収し、人材ビジネスのグローバルリーダーとして、世界中で約7000人の従業員がエグゼクティブ・サーチ、人材・組織アドバイザリーのサービスを提供しています。
 
 コーン・フェリーのエグゼクティブ・サーチを一言で表すと「アート&サイエンス」に基づいたコンサルティングです。アート(勘と経験)とは、コンサルタントの高度なアセスメント能力と、人材マーケットや業界・職種に関する洞察と知見を活用して総合的な判断を行うことです。「消費財」「産業財」「テクノロジー」「ライフサイエンス・ヘルスケア」「金融」の専門チームに加え、財務、法務、ITなどの業界横断の職種に精通したコンサルタントがそろっています。

 一方、サイエンスとは、全世界700万人もの人材データベース、アセスメントをはじめとする科学的なモデルとデータに基づき、ITを駆使した客観的かつ効率的なアプローチを実践することです。

報酬政策、制度設計、意識調査も支援440万人のアセスメントデータを活用

 国内外でのエグゼクティブ・サーチに加え、有能な人材を引き留めるための報酬政策、人事制度設計、社内意識調査などもグループで提供しています。コーン・フェリーは全世界700万人のデータベースのうち440万人にのぼるマネジメント層のアセスメントデータを活用でき、グローバルで培ってきた知見を日本企業に提供し、成果を出せるエグゼクティブの獲得を通じて、日本企業の一層の成功を支援していきます。

専門分野

【業種】
全業種

【職種】
全職種

【対象者】
経営者・役員、社外取締役・監査役、事業責任者、事業責任者(海外)

日本コーン・フェリー・インターナショナル

 (1210)

http://www.kornferry.jp

日本コーン・フェリー・インターナショナル株式会社

代表者●代表取締役社長 妹尾輝男
設立●1973年
資本金●1000万円
従業員数●120人

住所●東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館14F
ネットワーク・提携●Korn Ferry International(世界100以上のオフィス)

TEL●03-6267-3300
E-mail●bd.tokyo@kornferry.com

コンサルタント数●企業・候補者担当17人
専門チーム●消費財:消費財:ニダ・グレース、齋藤純生、曽根小恵理/産業財・テクノロジー:五十嵐正樹/ライフサイエンス:妹尾輝男、國分明徳/金融:輿石幸広、御子柴高視
フィー体系●リテーナー

関連記事

【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考
コーン・フェリー・ヘイグループ 高野研一 代表取締役社長

【経営幹部の中途採用】先進企業は直面する課題は採用で解決し、中長期課題は育成で対応

【経営幹部の中途採用】先進企業は直面する課題は採用で解決し、中長期課題は育成で対応
日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男 代表取締役社長

新たな環境を乗り越えていくニューリーダーの条件 日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男社長

新たな環境を乗り越えていくニューリーダーの条件 日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男社長
グローバル化の進展などによって日本企業を取り巻く環境が大きく変化している。経営幹部層の獲得や人材アセスメントの実態に詳しい日本コーン・フェリー・インターナショナル社長の妹尾輝男氏に、日本企業の人材戦略の課題や今後求められるリーダーの条件などについて聞いた。
23 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード