アクシスコンサルティング「コンサルタント、グローバル人材のキャリア支援に強みを持っています」

山尾 幸弘 代表取締役社長

日本人材ニュース編集部の評価

コンサルタントとグローバル人材の紹介で強みを発揮する。分業体制のコンサルティングへの変更によって専門性を高め、企業と候補者双方へのコミットメント強化を図っている。キャリアアドバイザーとして中長期にわたってキャリア支援に取り組む姿勢が人材紹介の評価につながっている。事業会社のコンサルタント採用、フリーランスのコンサルタントの活用、海外向けサービスの拡充など、成長企業をさらに支援できる仕組みづくりを進めている。

責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「コンサルタント、グローバル人材のキャリア支援に強みを持っています」

 (1761)

山尾 幸弘 代表取締役社長

1962年東京生まれ。大手食品メーカーにて営業・マーケティング業務を担当。92年国内系エグゼクティブ・サーチ会社へ入社。同社取締役を経て、2002年アクシスコンサルティングを設立、代表取締役社長に就任。

3000人以上の現役コンサルタントが登録、コンサルティング領域に強み

 当社には、大手・中堅コンサルティング・ファームの現役コンサルタント約3000人が登録しています。大手・中堅のコンサルティング・ファームには約1万5000人のコンサルタントが在籍していると言われていますので、業界全体の約20%をカバーしている計算になります。

 登録しているコンサルタントの専門分野は、戦略、会計、ロジスティクス、CRM、人事、ITなど幅広く、第一線で活躍しているジュニアからエグゼクティブまでの人材です。

 専門性の高いコンサルタントのデータベースを構築できていることが、結果的にコンサルティング・ファームの採用面においてリクルーティングパートナーとしてのポジションを築くことができています。

 そして、様々なノウハウやケーススタディを蓄積しているため、即戦力のコンサルタントをどのような手法で採用していくべきかについて、クライアントのマネジメント層とのディスカッションを依頼されるケースが増えてきています。

顧客へのコミットメントを強化し、提案できるソリューションの幅が広がる

 当社は今まで企業・候補者を一気通貫で担当していましたが、顧客(企業・候補者)へのコミットメントを強化するため一部を除き、分業体制にしました。これにより企業に対しては、プロジェクト型の採用活動含め提案できるソリューションの幅が広がりました。

 また、候補者に対しては中長期のキャリア支援に強みがあります。数年単位でキャリアを支援していく取り組みを以前から行っていますが、分業化することにより更に手厚い支援が可能になりました。

 中長期でキャリア支援させていただきますので、無理に転職を勧めることはしません。結果的に入社後の定着性が高まっており、企業・候補者の満足度向上につながっています。

市場のニーズに応える取り組み 適材適所で活躍できる場を創造

 市場のニーズとして昨今、事業会社もコンサルタント経験者の採用を強化しています。主に成長戦略を描いている企業が中心になりますが、経営・事業計画を推進する役割をコンサルタント経験者に求めるケースが増えてきています。

 一方で、今までの経験を事業会社で知見を活かしたいコンサルタントも数多くいます。このような背景もあり2016年に老舗エグゼクティブ・サーチであるケンブリッジリサーチ研究所を当社グループの一員へ迎えました。

 フルタイムのコンサルタントの採用が難しい企業向けに、フリーランスのコンサルタントを一定期間活用するサービスも提供しています。コンサルタントの独立を支援する意味でもサービスの拡充を図ります。

 国内のみならずグループ会社JCMSとARICでは、製造業を中心としたシニア層のコンサルタントによる海外向けサービスを既に開始しており、主に中国で実績を残しています。今後は日本を中心としたアジア圏を中心にエリアを拡大していきます。

 「人が活きる、人を活かす」が当社のビジョンです。少子高齢化・グローバル化が進む中で、あらゆる立場の人が適材適所で活躍できる場を創造し、日本経済の発展に寄与していきたいと考えています。

専門分野

【業種】
コンサルティング、コンサルティングファーム、シンクタンク、IT・通信、システムインテグレータ、監査法人・税理士法人、製造、消費財・サービス、金融

【職種】
コンサルタント、経営コンサルタント、戦略コンサルタント、ITコンサルタント、会計財務コンサルタント、組織人事コンサルタント、経営・企画、経営企画、新規事業・M&A、マーケティング、
サプライチェーン、IT・システム、SE、プログラマー、技術・研究

【対象者】
経営者・役員、事業責任者、事業責任者(海外)、マネジャー、中堅・若手、バイリンガル、外国人、留学生・海外大生、海外現地人材、会計士・税理士

アクシスコンサルティング

 (1420)

http://www.axc.ne.jp

アクシスコンサルティング株式会社

代表者●代表取締役社長 山尾幸弘
設立●2002年
資本金・資本準備金●5000万円
従業員数●46人

住所●東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
ネットワーク・提携●【関連会社】】ケンブリッジ・リサーチ研究所、JCMS(アジア向けビジネスコンサルティング)、ARIC(中国法人)

ソーシャルメディア
●Facebook https://www.facebook.com/kwlabo
●Twitter https://twitter.com/kwlabo
●LinkedIn https://www.linkedin.com/company/axis-consulting-corpopration

TEL●03-3556-1812
E-mail●info@axc.ne.jp

コンサルタント数●企業・候補者担当 6人、企業担当 4人、候補者担当 15人、リサーチャー 3人
専門チーム●コンサルティング、IT、製造、フリーコンサル
フィー体系●成功報酬

関連記事

顧客の成長戦略と向き合い新たな雇用を創出していく アクシスコンサルティング 山尾幸弘社長

顧客の成長戦略と向き合い新たな雇用を創出していく アクシスコンサルティング 山尾幸弘社長
少子高齢化、グローバル化が進む中で、優秀な人材が活躍できる場を創出することで日本経済の発展に寄与したいというアクシスコンサルティング。代表取締役社長の山尾幸弘氏に、そのための取り組みや今後の人材紹介業の展望について話を聞いた。

【コンサルティングの中途採用動向】サイバーセキュリティの脅威深刻化でセキュリティ領域のニーズ高まる

【コンサルティングの中途採用動向】サイバーセキュリティの脅威深刻化でセキュリティ領域のニーズ高まる
アクシスコンサルティング 伊藤 文隆 エグゼクティブコンサルタント/執行役員

IT・コンサルティング分野の人材紹介に特化し業績続伸 アクシスコンサルティング 山尾幸弘社長

IT・コンサルティング分野の人材紹介に特化し業績続伸 アクシスコンサルティング 山尾幸弘社長
 リーマン・ショック後の人材需要の縮小を、IT・コンサルティングの人材紹介という専門分野に経営資源を集中させて危機を乗り越えた。さらに、企業のグローバル化によってニーズが拡大している中国でのビジネスに対し、日本と中国のビジネスレベルの橋渡しを目的として専門機関「日中管理学院」を2010年に設立。日本企業の本格的な中国進出をサポートする。
23 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード

組織変革、研修、EAP、人事システムのご相談なら

セミナー・イベント

プレスリリース