採用支援の活用法

採用が上手くいかない企業は、自社が置かれた外部環境や社内体制を考慮しないまま採用を続けている場合が多い。「どの人材紹介会社、求人サイトがよいか」を考える前に自社の採用活動全体を見つめ直して、強みを活かした独自の採用体制や採用手法を作り上げるために専門性の高い採用支援会社のノウハウを活用したい。

 (1849)

 採用が上手くいかない企業は、自社が置かれた外部環境や社内体制を考慮しないまま採用を続けている場合が多い。「どの人材紹介会社、求人サイトがよいか」を考える前に自社の採用活動全体を見つめ直して、強みを活かした独自の採用体制や採用手法を作り上げるために専門性の高い採用支援会社のノウハウを活用したい。

 例えば、離職者が多く欠員補充の中途採用を常に行っている企業であれば、目標とする離職率を達成するために人事と部門が何をするべきかを考えて実現していくことで無駄な採用コストを抑えることが急務だ。

 効率的な採用を行うには求人を出す必要がない段階から応募者予備軍を確保していくために、魅力的なWebページの構築や動画などを活用する重要性も高まっている。

 新卒採用ではインターンシップや会社説明会の企画・集客・運営、広報物制作を採用広報の支援会社に依頼したり、応募者データを分析できる採用管理システムを活用する企業が増えている。

 近年は効率的な採用のためにテーマに合致した学生だけを集客するセミナーの実施が拡大しており、学生との独自ネットワークを活かして、学生と直接出会える機会を提供している採用支援会社もある。

 企業活動のグローバル化に伴って、外国人採用を支援する人材会社も出てきている。人材紹介や就職イベントなどを通じて国内外で採用を支援している。採用対象とする国の文化や国民性などを深く理解した専任コンサルタントが対応し、ミスマッチを防いで入社後の定着・活躍につなげている。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選