アルバイト、人材派遣、アウトソーシングの活用法

アルバイトは紹介やSNSやスマートフォン対応で集客力を高めるサービスが出てきており、必要な職種に応じて活用することができる。人材派遣やアウトソーシングが活用されている分野は多岐にわたるが、人材会社は専門的な業務を請け負うことができるように、スタッフの業務経験やスキルを見極めて最適な人材やチーム編成を提案している。

 (1848)

 飲食・小売、運輸・物流などのサービス業を中心にアルバイト・パートの採用難が業績に深刻な影響を与えている。まずは働く環境の整備や賃金を外部市場に合わせ採用の競争力を高めることが必要だ。

 最近はアルバイト紹介、SNSやスマートフォン対応で集客力を高めるサービスが出てきており、必要な職種に応じて活用することができる。また、勤怠管理や給与計算等の業務を代行して雇用管理事務の効率化を合わせて提案してくれるサービスもある。

 人材派遣やアウトソーシングが活用されている分野は多岐にわたるが、人材会社は専門的な業務を請け負うことができるように、スタッフの業務経験やスキルを見極めて最適な人材やチーム編成を提案している。

 さらに現場スタッフをきめ細かくフォローすることによってスタッフの定着、高いサービス品質で業務の効率化や生産性の向上を可能にしている。

 人材派遣やアウトソーシングでは、より高度な専門性を備えた人材サービスを提供するようになっている。社内で養成するには時間がかかる技術やノウハウを持った人材を即戦力として活用することで、めまぐるしく変化する経営環境に柔軟に対応してスピーディーな事業展開を可能にすることができる。

 これらの活用によって、社員をより中核となる業務に専念させることで生産性の向上、直接雇用によって生じるコストが節約できるメリットもある。

 近年は労働関連法制の改正が相次いでいるため、コンプライアンスを順守して人材調達を適切に提案できる人材会社をパートナーとすることが重要だ。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選