メンタルヘルステクノロジーズ「厚労省が示すメンタルヘルスの4つのケアを低価格なソリューションで浸透させます」

メンタルヘルステクノロジーズは、厚生労働省が提唱するメンタルヘルスの「職場における4つのケア」を浸透させるためのソリューションとして「ELPIS」を提供している。現在はメンタルヘルス・ハラスメントを学ぶ「ELPIS-eラーニング」と専門医相談サービス「ケアーズLite」で、社員のメンタルヘルスケアを支援。特徴は低価格で企業にとって取り入れやすいところだ。今後も新しいサービスをリリースし、「ELPIS」シリーズの充実を図っていく予定。(日本人材ニュース編集部の評価)

メンタルヘルステクノロジーズの責任者に聞く 強み・仕組み・方針

「厚労省が示すメンタルヘルスの4つのケアを低価格なソリューションで浸透させます」

 (5624)

メンタルヘルステクノロジーズ 刀禰真之介 代表取締役

明治大学政治経済学部卒業。東京大学大学院薬学系研究科ファーマコビジネス・イノベーション教室修了。デロイトトーマツコンサルティング、三菱UFJ証券、環境エネルギー投資等を経て、メンタルヘルステクノロジーズ(旧 Miew)設立。

ITを使ったソリューションで、社員のメンタルヘルスケアをサポート

 厚生労働省は、2000年に「事業場における労働者の心の健康の保持増進ための指針」を策定し、その中で「職場における4つのケア」として、「セルフケア」「ラインによるケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」を示しました。しかしながら、20年近く経過した現在に至るまで、多くの企業では浸透していない現状があります。

 当社は、この4つのケアの浸透を担うことを目的に、社員のメンタルヘルスケアをサポートするソリューションとしてITツールを使ったサービス「ELPIS(エルピス)」シリーズを提供しています。

メンタルヘルスを学ぶeラーニングと、専門医相談サービスをリリース

 サービスの第1弾として、「セルフケア」および「ラインによるケア」に該当する、職場におけるメンタルヘルス・ハラスメントを学ぶ研修動画サービス「ELPIS-eラーニング」をリリースしました。忙しい中でも視聴できるよう、1セッション5分以内で重要なポイントがまとまっています。また、わかりやすい会話形式で構成されており、飽きずに視聴できます。

 そして第2弾として「事業場外資源によるケア」に該当する、社員が会社を通さずに抱えている悩みを専門医にメールで相談できる「ケアーズLite」を開始しました。「ケアーズLite」は、相談したい悩みに対して最適な専門医につなぐ機能を実装しています。フリーメールでの匿名相談によりプライバシーは完全に守られます。企業側はカテゴリごとの相談数が把握でき、今後の対策に活かせます。

 「事業場内産業保健スタッフによるケア」は、当社の子会社Avenirによる産業医紹介サービスで対応しています。

●「ELPIS」サービス概要

 (5631)

いつでも自由な時間にメンタルヘルスやハラスメントについて動画で学ぶことができる
 (5633)

社員に企業コードが記されたカードが配られ、匿名で医師に相談ができる

必要なサービスのみを、月額1人200円から導入可能

 「ELPIS」の特徴は、低価格で導入しやすい点にあります。「ELPIS-eラーニング」は月額1人200円から、「ケアーズLite」は1相談5000円からのデポジット制です。企業のニーズや状況により、必要なサービスだけを導入することも可能です。

 さらに新しい機能として、AIを活用してメンタルヘルスに不調を来す“予兆”のある社員を察知する機能を開発し、今後リリースしていく予定です。

メンタルヘルステクノロジーズの専門分野

【業種】
全業種、メディカル

【職種】
管理・事務、人事、総務

【対象者】
経営者・役員、事業責任者、マネジャー、中堅、若手、第二新卒、新卒

メンタルヘルステクノロジーズ

 (5639)

https://mh-tec.co.jp

株式会社メンタルヘルステクノロジーズ

代表者●代表取締役 刀禰真之介
設立●2011年
資本金●2億9572万5000円
従業員数●58人(連結、臨時社員・社外取締役・監査役含む)

住所●東京都港区赤坂3-16-11 東海赤坂ビル4F
ネットワーク・連携● Avenir

TEL●03-6277-6595
E-mail●info@miew.co.jp

コンサルタント数●非公開
サービス●メンタルヘルスソリューション、ITソリューション
20 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選

関連するキーワード

セミナー・イベント一覧