人材育成・研修の活用法

人材確保が一層難しくなることを見越して人材育成・研修に力を入れる企業が増えている。個々の研修効果を高めるだけでなく、社員の適性や能力開発課題を診断するアセスメントを導入したり、専門性の高いコンサルティング会社をパートナーに選んで最適な人材育成体系や研修デザインを目指す動きが見られる。

 (1845)

 若年労働力の不足の深刻化で採用が難しくなっている現状に加え、人材確保が一層難しくなることを見越して人材育成・研修に力を入れる企業が増えている。

 個々の研修効果を高めるだけでなく、社員の適性や能力開発課題を診断するアセスメントを導入したり、専門性の高いコンサルティング会社をパートナーに選んで最適な人材育成体系や研修デザインを目指す動きが見られる。

 若手の早期戦力化やリテンション強化では、研修の充実に加えて、研修後のフォローアップやOJTを連動させた“職場で人が育つ風土づくり”が重要になっている。また中長期的なキャリアを社員に意識させる研修を行う企業も多い。

 次世代リーダーの養成では経営陣が関与して選抜研修でアクションラーニングに取り組んできた企業で能力を持つ人材が上がってくるようになってきている。

 グローバル人材の育成やローカル人材のマネジメントが課題の企業では、日本人社員のコミュニケーション力やマネジメントスキル向上のための研修に取り組んでいる。

 売り上げに直結する営業研修、顧客対応力を向上させる研修やマナー研修は、より実践的なプログラムを提供している研修会社を選ぶことによって大きな効果が期待できる。

 研修のスタイルはディスカッションやロールプレイングなどを中心としたものが主流となっている。さらに、映像教材を開発してタブレットやモバイルで場所と時間に依存しない学習機会を提供したり、個人ごとの課題に応じたマイクロラーニングや教育ビッグデータを活用したサービスも広がってきている。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選