RPOの活用法

採用力を高めるためのコンサルティングや採用業務のアウトソーシングを提供する人材会社が増えている。一般的にはRPO(Recruitment Process Outsourcing)と言われるが、人材会社によってカバーする領域は異なるため、企業の実情に合わせて必要なサービス内容を見極めて活用する必要がある。

 (3680)

 企業の人材確保が難しくなっている中で、社内の採用リソースだけでは対応しきれなかったり、採用の課題分析や適切な採用の仕組みづくりができないなど、採用部門のマンパワーやノウハウ不足に悩む企業は少なくない。

 こうした企業に対して、採用力を高めるためのコンサルティングや採用業務のアウトソーシングを提供する人材会社が増えている。

 一般的にはRPO(Recruitment Process Outsourcing)と言われるが、人材会社によってカバーする領域は異なるため、企業の実情に合わせて必要なサービス内容を見極めて活用する必要がある。

 採用の対象者(経験者、新卒学生、アルバイト等)や業種・職種を特化して専門性を高めている人材会社もある。

 全国に店舗展開する企業が採用立案から業務代行までを一括で依頼して成果を上げている例もあり、特に大量採用や難易度の高い採用の場合、募集や応募者管理の業務を一括でアウトソースすれば採用部門の省力化などが期待できる。

 さらに採用活動全体の最適化の実現を目指したい場合は、採用ターゲティングの設定、競合他社や人材市場の情報収集、採用プロセスの整備、社内の採用への協力体制づくり、さらに採用後の定着支援までサポートしてもらうことができる。

 競合を分析した適切な会社説明会の実施時期や面接日の設定だけでも、入社者数や辞退者数に大きな影響を与える。

 採用の難易度が高いポジションには、転職潜在層の効率的な集客手法を開発したり、入社後の定着施策までを一貫してサポートするなど、採用前後の人事領域を含めた依頼にも応えるコンサルティングもある。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

人材コンサルティング会社ガイド100選