人材コンサルティングサービス活用法

人材コンサルティングサービス活用法

組織変革と人材採用・人材育成の最新事情

組織変革と人材採用・人材育成の最新事情

少子化による労働力人口の減少で人材不足が慢性化し、テクノロジーの進化やAI、ロボティクスの導入が進む中で、企業は働き方改革による生産性向上を迫られている。人材マネジメントの諸課題解決のために、採用力の強化や多様な労働力の活用、従業員の生産性向上と定着を図る取り組みが本格化している。
人材コンサルティング会社&サービスガイド100選の編集方針と選定基準

人材コンサルティング会社&サービスガイド100選の編集方針と選定基準

競争力を維持し、事業を継続していくためには人材採用・定着・育成によって組織力を強化することが必要不可欠ですが、人材コンサルティング会社の得意分野は様々で能力も玉石混交です。日本人材ニュース編集部は、経営者や人事担当者の推薦を受けた人材コンサルティング会社を取材し、強みや仕組み、事業方針を紹介しています。
医師・看護師の採用を成功させる3つのポイント

医師・看護師の採用を成功させる3つのポイント

医師、看護師のみならず、コメディカルと言われる医療専門職の人材確保も多くの病院で課題となっている。日本全体が人手不足の状況下で事務職員の採用も簡単ではない。こうした採用難の中で、医療機関の人材採用や経営・人事を支援する専門会社への取材を通して浮かび上がってきた採用を成功させるためのポイントとして次の3つを上げたい。
HRテック最前線 高機能・低価格で大幅に生産性向上

HRテック最前線 高機能・低価格で大幅に生産性向上

HRテックを取り入れる企業は近年拡大傾向にある。その背景には安価でかつ安全なサービスを取り入れることで、人事部門の生産性向上や社員の働きやすさ向上につなげる意図がある。
人材紹介の活用法

人材紹介の活用法

大量採用の場合は、登録者データベースから一度に探し出して数多くのスクリーニングや面談をこなす必要があるため、登録者数やコンサルタント数が多い人材紹介会社を選ぶとよい。一方、専門性や事業への貢献度が高い人材の採用の場合は、専門領域に強いコンサルタントが在籍する人材紹介会社へ依頼する必要がある。
人材紹介(業種・職種特化)の活用法

人材紹介(業種・職種特化)の活用法

特化型人材紹介会社の特徴は、その業種や職種に特有の専門性が求められる希少なポジションの求人に対応できる点にある。専門領域に特化して活動しているため、その分野では候補者からよく知られている人材紹介会社も多く、独自の人材データベースやネットワークを構築しているところが強みとなっている。
人材紹介(新卒)の活用法

人材紹介(新卒)の活用法

これまでは採用数が少ない中小ベンチャー企業や内定辞退が出た時などに利用されていた。売り手市場化が進み、大手企業から中小ベンチャー企業に至るまで様々な企業で利用が広がっている。就職情報サイトや合同説明会と比較すると、それぞれの企業の実情に合わせたオーダーメードの採用活動ができる点が大きなメリットだ。
リテインド・サーチ(ヘッドハンティング)の活用法

リテインド・サーチ(ヘッドハンティング)の活用法

求人内容が経営戦略に直接かかわるだけに、守秘義務をはじめ競合他社との契約禁止などの倫理規定がある。500~800万円程度のミニマム・フィー(最低料金)がある。成功報酬としていないのは、経営課題の分析、集中的なリサーチ、候補者との面談や評価などのコンサルティングのプロセスが必要なため。
求人サイトの活用法

求人サイトの活用法

近年登場しているのは専門性の高い中堅・リーダー層やスペシャリスト、業界や業種などに特化した専門サイトだ。特に企業の海外事業の強化でバイリンガルや現地採用に特化したサイトも注目されるようになっている。利用料は広告掲載時に支払うことが一般的だったが、採用決定時に手数料を支払う成功報酬や求人広告のクリック数に応じて課金するサイトも出てきている。求人内容に応じて使い分けたい。
RPOの活用法

RPOの活用法

採用力を高めるためのコンサルティングや採用業務のアウトソーシングを提供する人材会社が増えている。一般的にはRPO(Recruitment Process Outsourcing)と言われるが、人材会社によってカバーする領域は異なるため、企業の実情に合わせて必要なサービス内容を見極めて活用する必要がある。
ダイレクト・ソーシング/ ダイレクト・リクルーティングの活用法

ダイレクト・ソーシング/ ダイレクト・リクルーティングの活用法

SNSや求職者データベースの活用、社員紹介制度の確立、求職者に対して魅力的な採用ホームページの構築などが必要になるため、採用担当者を支援するサービスが出てきている。採用体制が不十分な企業がデータベースを利用する際は、人材会社からどのようなサポートが受けられるのかを十分に確認することが大切だ。
採用支援の活用法

採用支援の活用法

採用が上手くいかない企業は、自社が置かれた外部環境や社内体制を考慮しないまま採用を続けている場合が多い。「どの人材紹介会社、求人サイトがよいか」を考える前に自社の採用活動全体を見つめ直して、強みを活かした独自の採用体制や採用手法を作り上げるためには、専門性の高い採用支援会社のノウハウを活用したい。
アルバイト、人材派遣、アウトソーシングの活用法

アルバイト、人材派遣、アウトソーシングの活用法

アルバイト紹介はSNSやスマートフォンでの対応で集客力を高めるサービスが出てきており、必要な職種に応じて活用することができる。人材派遣やアウトソーシングが活用されている分野は多岐にわたるが、人材会社は専門的な業務を請け負うことができるように、スタッフの業務経験やスキルを見極めて最適な人材やチーム編成を提案している。
顧問紹介の活用

顧問紹介の活用

顧問紹介は、豊富な経験に基づいた確かな知見を持っている専門性の高い人材に対してニーズを持つ企業と、プロフェッショナル人材とをマッチングさせるサービスだ。登録している顧問には、大手上場企業の元役員や元取締役、また現役経営者や大学教授など、幅広い知識を備えた経験豊富なプロフェッショナル人材が揃っている。
再就職支援の活用法

再就職支援の活用法

早期退職や希望退職制度導入による雇用調整、業績不振による解雇、定年延長をしなかった人に対し、社員の転進支援策として多くの企業で活用されている。サービス利用料は雇用調整などを実施する企業が負担する。料金は対象者数にもよるがサービスメニューや支援期間などで違ってくる。
組織・人事コンサルティングの活用法

組織・人事コンサルティングの活用法

 対象領域は、経営・事業戦略を遂行するための組織づくりや組織変革の支援、一連の人材マネジメントのための制度設計から運用、人事システムやツールの提供、ダイバーシティや社員のワークライフバランス推進、メンタルヘルス対応など多岐にわたる。専門的なサービスを受けるためには、自社の戦略達成の方向性に沿って目標や解決すべき課題を社内で意思統一し、求めるアウトプットを明確にしておくことが欠かせない。
人材育成・研修の活用法

人材育成・研修の活用法

人材確保が一層難しくなることを見越して人材育成・研修に力を入れる企業が増えている。個々の研修効果を高めるだけでなく、社員の適性や能力開発課題を診断するアセスメントを導入したり、専門性の高いコンサルティング会社をパートナーに選んで最適な人材育成体系や研修デザインを目指す動きが見られる。
EAP・メンタルヘルスの活用法

EAP・メンタルヘルスの活用法

長時間労働の問題がクローズアップされるなど、従業員の健康問題が企業経営、組織・人事マネジメントの重要事項と考えられるようになり、政府の成長戦略にも「健康経営」が取り上げられている。自社の課題や方針をしっかりとヒアリングした上で適切なサービスプランを提案してくれるコンサルティング会社を選ぶべきだ。
HRテックの活用法

HRテックの活用法

従業員の情報を一元管理して経営の意思決定や現場における日々のマネジメントで使える情報を分かりやすくスピーディーに提供することができれば、データに基づいた組織・人材マネジメントを実現することが可能になる。人事システムを短期間で切り替えることは難しいため導入には慎重な検討が必要になる。
医療機関向けサービスの活用

医療機関向けサービスの活用

医師の採用活動では、人材紹介会社やヘッドハンティング会社が主に活用されるが、「医師や人材紹介会社に対してスピーディーにレスポンスしているか」といった対応力の差が採用の成功を左右する。病院内で専門スタッフの確保が難しい場合は、RPO(採用代行)サービスを活用するという方法もある。環境の変化に対応できる病院経営を実現していくためにも、採用体制の見直しや教育の充実、人事評価制度の適切な運用などをサポートするサービスを有効に活用したい。
20 件

人材コンサルティングサービス活用法で人気のキーワード