BRANDING ASSOCIATES「ミドルからエグゼクティブを中心に、業界に特化したコンサルタントが高精度なマッチングを提案します」

BRANDING ASSOCIATES「ミドルからエグゼクティブを中心に、業界に特化したコンサルタントが高精度なマッチングを提案します」

BRANDING ASSOCIATESでは、セールス・マーケティング部門とバックオフィス部門に特化したチームに加え、新たにテクノロジーチームが発足。ハイクラス層の人材が中心だが、IT・デジタル領域の採用支援も強化している。業界に精通した専門のコンサルタントが揃っており、自社ネットワークを活かして難しい案件でも的確に候補者を紹介できるのが特徴。主なクライアント先は外資系企業だが、昨今増えている国内企業からのニーズにも対応している。(日本人材ニュース編集部の評価)
産経ヒューマンラーニング「オンライン英会話を高品質・リーズナブルに提供し、実務で活かせる語学力習得をサポートします」

産経ヒューマンラーニング「オンライン英会話を高品質・リーズナブルに提供し、実務で活かせる語学力習得をサポートします」

オンライン英会話レッスン「産経Online英会話」を提供する産経ヒューマンラーニングは、ヒューマンホールディングス、トランスコスモス、産経デジタルの3社による合弁企業。それぞれ、情報、教育、ITのエキスパートがタッグを組み、コストパフォーマンスの高い英語学習サービスを提供している。特徴は、国際規格の認証を習得している品質の良さであり、ビジネスに活かせる英会話をリーズナブルに学べる点が評価されている。(日本人材ニュース編集部の評価)
アンバース「候補者の強みを発掘する伴走型の支援で、最適なコンサルタント採用を実現しています」

アンバース「候補者の強みを発掘する伴走型の支援で、最適なコンサルタント採用を実現しています」

アンバースはコンサルタントの紹介を中心に実績のある人材紹介会社。元外資系コンサルティング会社勤務の経験を活かして、候補者の強みを発掘する伴走型の支援で優秀な候補者を確保している。「人と企業の成長機会を提供する」という経営理念を実現するために、候補者とクライアント双方にとってベストなマッチングを目指しており、支援期間が長期にわたる難しい案件に対しても最適解を追求する実直な姿勢が魅力だ。(日本人材ニュース編集部の評価)
クレアコム「実践で使えるIT技術とビジネススキルを確実に習得できる研修を提供しています」

クレアコム「実践で使えるIT技術とビジネススキルを確実に習得できる研修を提供しています」

IT技術者の育成を専門とする研修会社は数多いが、豊富な開発経験を持つ講師による実践的で柔軟なプログラム企画・実施能力の高さが同社の強みとなっている。また、受講者一人一人に対する丁寧なサポート力は、特に人材育成の十分な体制を整えることが難しい中堅・中小企業から評価されており、新入社員向け研修プログラムにおける電話対応やビジネス文書作成を習得するためのきめ細かい指導が、受講者の「社会人基礎力」の養成に効果を上げている。(日本人材ニュース編集部の評価)
ブルームノーツ「現場で結果を出すための人材育成プログラムを構築・運用し、若手社員の早期戦力化を実現します」

ブルームノーツ「現場で結果を出すための人材育成プログラムを構築・運用し、若手社員の早期戦力化を実現します」

即戦力人材の採用が難しい中、若手・未経験者の採用と育成を強化する企業が増えており、ブルームノーツはこうした育成型の採用を行う企業を支援している。ブルームノーツは上場企業パイプドHDのグループ企業であり、パイプドHDにおける人間性重視の未経験者採用と教育プログラムで培ったノウハウを体系化している。各企業の現場で必要となる業務知識をスピーディーに習得できるように、オーダーメードプログラムの構築と徹底した運用サポートが特徴となっている。(日本人材ニュース編集部の評価)
Bodytune-Partners(ボディチューン・パートナーズ)「健康と経営に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

Bodytune-Partners(ボディチューン・パートナーズ)「健康と経営に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

Bodytune-Partners(ボディチューン・パートナーズ)は、心身の健康がビジネスパフォーマンスに影響することに早くから着目し、さらに健康と経営を結びつけることで、持続可能な企業経営への貢献を目指している。ビジネスにおける健康を体・脳・心の3つの側面から捉え、それぞれの健康を軸に人材の育成を行うことで、重要な経営課題である健康経営を根本から支援する。健康を推進する行動を見える化した独自のアセスメントを組み込んだ人材育成プログラムが特徴だ。(日本人材ニュース編集部の評価)
6 件