LCC「法務人材エージェントのパイオニアとして最適な法務組織づくりや人材を提案します」

LCC「法務人材エージェントのパイオニアとして最適な法務組織づくりや人材を提案します」

LCCは日本における法務人材専門のブティック型エージェントのパイオニア。代表の塚田氏は1984年にリクルートに入社し、86年の法務部創設に関わる。88年に起きた「リクルート事件」に対処後、法務課長としてコンプライアンス強化に向けた組織の立て直しを担うという稀有な経験を積んだ。法務部門における圧倒的な実務経験と法務人材ネットワークを強みに、企業のニーズに応じた高精度なマッチングが高く評価されている。(日本人材ニュース編集部の評価)
賃金管理研究所「賃金制度の草分けとして6700社を支援。業績を向上させる賃金・人事制度を構築します」

賃金管理研究所「賃金制度の草分けとして6700社を支援。業績を向上させる賃金・人事制度を構築します」

賃金管理研究所創業者である弥富賢之氏は日本の賃金制度の草分けである「弥富式」を確立。創業58年が経った現在、中小企業から上場企業まで累計6700社以上において指導実績がある。賃金管理研究所の賃金・人事制度は「分かりやすい」「使いやすい」「長持ちする」の3つを基本とし、実力主義に主眼を置いた「責任等級制度」の構築が特長だ。社員のやる気や業績向上意欲に結びつく賃金・人事制度として、安心して取り入れることができる。(日本人材ニュース編集部の評価)
ゼロイン「組織のビジョンを一人ひとりのアクションに。社内コミュニケーション施策をトータル支援します」

ゼロイン「組織のビジョンを一人ひとりのアクションに。社内コミュニケーション施策をトータル支援します」

企業力向上のために、従業員の活性化やリテンションは全企業共通の課題だ。事業の持続的成長には、企業目標の実現を促進する理念やビジョンを、従業員に浸透させていくことが不可欠。ゼロインは、ビジョンや行動指針の策定から、浸透・推進に到るまでの様々な施策、効果的なイベントなどの企画運営など、上流から下流までを一貫して支援している。コミュニケーションが活性化し、企業が一枚岩となって目標達成に向かっていける組織作りに貢献が可能だ。(日本人材ニュース編集部の評価)
グラウンドワーク・パートナーズ「従業員の自発的な問題提起を促すことで、人が育つ風土を醸成し、定着率向上を支援します」

グラウンドワーク・パートナーズ「従業員の自発的な問題提起を促すことで、人が育つ風土を醸成し、定着率向上を支援します」

中小企業や医療福祉業界を中心に組織風土改革を支援している。同社ではコンサルタントから問題提起を行うのではなく、従業員に自社の問題を追求するように促し、自身で解決するまで導いていく。従業員が現場で感じ取っている問題こそ、表面に現れない問題の心髄であることが多く、この問題を自ら解決していくことが組織全体を改革する近道になるとしている。組織の問題を解決することで風土改革を行い、従業員の定着率向上に貢献している。(日本人材ニュース編集部の評価)
組織変革と人材採用・人材育成の最新事情

組織変革と人材採用・人材育成の最新事情

少子化による労働力人口の減少で人材不足が慢性化し、テクノロジーの進化やAI、ロボティクスの導入が進む中で、企業は働き方改革による生産性向上を迫られている。人材マネジメントの諸課題解決のために、採用力の強化や多様な労働力の活用、従業員の生産性向上と定着を図る取り組みが本格化している。
5 件