プライマリー・アシスト「健康経営の導入・実践と、産業医・保健師配置、健康経営優良法人取得を支援する専門社です」

プライマリー・アシスト「健康経営の導入・実践と、産業医・保健師配置、健康経営優良法人取得を支援する専門社です」

プライマリー・アシストは、産業医・保健師・看護師などの医療職を対象とする人材紹介・派遣に特化し専門性を高めている。また「健康経営」の実現に向けた従業員の健康に対する企業の取り組みがより一層求められる中、働く人々の心と身体のトータルケアを目指してメンタルヘルス領域の総合的なサービスを提供する。医療職紹介と心のケアサービスを一気通貫で支援する企業は人材会社でも異色の存在であり、人材確保と定着に悩んでいる企業にとって心強い存在だ。(日本人材ニュース編集部の評価)
ボディチューン・パートナーズ「BQ(身体知能)に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

ボディチューン・パートナーズ「BQ(身体知能)に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

ボディチューン・パートナーズは、心身の健康がビジネスパフォーマンスに影響することに早くから着目し、さらに健康と経営を結びつけることで、持続可能な企業経営への貢献を目指している。ビジネスにおける健康を体・脳・心の3つの側面から捉え、それぞれの健康を軸に人材の育成を行うことで、重要な経営課題である健康経営を根本から支援する。健康を推進する行動を見える化した独自のアセスメントを組み込んだ人材育成プログラムが特徴だ。(日本人材ニュース編集部の評価)
ヘルスデザイン「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

ヘルスデザイン「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

ヘルスデザインは産業医・保健師をネットワークし、従業員や組織の健康を守る産業保健サービスに専門的に取り組む企業。産業医の専門学会である日本産業衛生学会に専門性が認められ、産業医の「研修施設」に登録されている。がん対策推進総合研究事業(厚生労働科学研究)における「がん治療と就労の両立支援」への活動が評価され、「架け橋大賞」(2017年度)を受賞するなどの評価も得ている。こうした高度な専門性と、チームでの対応力が強みだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
NEC VALWAY「パワハラ防止策や健康経営の実効性を高める内部通報窓口代行サービスです」

NEC VALWAY「パワハラ防止策や健康経営の実効性を高める内部通報窓口代行サービスです」

NEC VALWAYは、企業活動における業務プロセスを対象とした様々なアウトソーシングサービスを提供している。「内部通報窓口代行サービス」は中立性と透明性を担保することで、従業員が安心して相談できる窓口を提供するサービスであり、義務化されるパワハラ防止策の対応を急ぐ企業からの引き合いが多い。同サービス以外にもNECグループがもつノウハウや技術を活かしたサービスを提供しており、企業の働き方改革と健康経営を支援するパートナーとなっている。(日本人材ニュース編集部の評価)
アドバンテッジ リスク マネジメント「330万人以上の導入実績を強みに、健康経営・人材開発・両立支援プラットフォームを確立します」

アドバンテッジ リスク マネジメント「330万人以上の導入実績を強みに、健康経営・人材開発・両立支援プラットフォームを確立します」

アドバンテッジ リスク マネジメントはメンタルヘルスケア事業を主幹とし、企業の健康経営をメンタリティマネジメントの視点から全面的にサポートしている。ストレス、EQ(感情マネジメント力)などのサーベイを行い、それぞれの分析結果に応じた改善提案を行う。特徴的なのは、ストレスとEQの両方を改善して、エンゲージメントを高める研修やコンサルティングなどのソリューションを提供しているところだ。休職中の社員を抱える人事への支援にも積極的に取り組んでいる。(日本人材ニュース編集部の評価)
5 件