アドバンテッジ リスク マネジメント「300万人以上の導入実績を強みに、健康経営・人材開発・両立支援プラットフォームを確立します」

アドバンテッジ リスク マネジメント「300万人以上の導入実績を強みに、健康経営・人材開発・両立支援プラットフォームを確立します」

アドバンテッジ リスク マネジメントはメンタルヘルスケア事業を主幹とし、企業の健康経営をメンタリティマネジメントの視点から全面的にサポートしている。ストレス、EQ(感情マネジメント力)などのサーベイを行い、それぞれの分析結果に応じた改善提案を行う。特徴的なのは、ストレスとEQの両方を改善して、エンゲージメントを高める研修やコンサルティングなどのソリューションを提供しているところだ。休職中の社員を抱える人事への支援にも積極的に取り組んでいる。(日本人材ニュース編集部の評価)
メンタルヘルステクノロジーズ「厚労省が示すメンタルヘルスの4つのケアを低価格なソリューションで浸透させます」

メンタルヘルステクノロジーズ「厚労省が示すメンタルヘルスの4つのケアを低価格なソリューションで浸透させます」

メンタルヘルステクノロジーズは、厚生労働省が提唱するメンタルヘルスの「職場における4つのケア」を浸透させるためのソリューションとして「ELPIS」を提供している。現在はメンタルヘルス・ハラスメントを学ぶ「ELPIS-eラーニング」と専門医相談サービス「ケアーズLite」で、社員のメンタルヘルスケアを支援。特徴は低価格で企業にとって取り入れやすいところだ。今後も新しいサービスをリリースし、「ELPIS」シリーズの充実を図っていく予定。(日本人材ニュース編集部の評価)
ボディチューン・パートナーズ「BQ(身体知能)に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

ボディチューン・パートナーズ「BQ(身体知能)に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

ボディチューン・パートナーズは、心身の健康がビジネスパフォーマンスに影響することに早くから着目し、さらに健康と経営を結びつけることで、持続可能な企業経営への貢献を目指している。ビジネスにおける健康を体・脳・心の3つの側面から捉え、それぞれの健康を軸に人材の育成を行うことで、重要な経営課題である健康経営を根本から支援する。健康を推進する行動を見える化した独自のアセスメントを組み込んだ人材育成プログラムが特徴だ。(日本人材ニュース編集部の評価)
心の体操協会「メンタル不調を改善する実践的なエクササイズで、健康経営の推進に貢献します」

心の体操協会「メンタル不調を改善する実践的なエクササイズで、健康経営の推進に貢献します」

ストレスチェック制度が始まり、「健康経営」や「メンタルヘルスケア」を重視する動きが広がっている。しかし、社員のストレスを軽減するために、具体的にどのように実行すればいいのか悩む企業は多い。心の体操協会は、特別な器具を使わずに自分で手軽に実践することのできるメンタルトレーニングプログラムを開発し、実習指導を行うことで企業に定着させている。忙しくても場所を問わず、効果が見込めるプログラムを10分で行えるところが魅力だ。(日本人材ニュース編集部の評価)
Unipos「“ピアボーナス”で従業員同士が賞賛し合う文化を醸成し、エンゲージメント向上に貢献します」

Unipos「“ピアボーナス”で従業員同士が賞賛し合う文化を醸成し、エンゲージメント向上に貢献します」

場所や時間を問わずに働く人が増えている時代だからこそ、従業員のエンゲージメントを向上させることが必要だ。「Unipos」は部署内外問わず、賞賛したいと思った従業員に対して、感謝の言葉とともに少額のボーナスである“ピアボーナス”をリアルタイムに送り合えるサービス。サービスを利用することで、部署内のメンバーだけでなく他部署への理解が深まることで会社に一体感が生まれ、従業員のエンゲージメント向上に役立つことが期待できる。(日本人材ニュース編集部の評価)
ヘルスデザイン「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

ヘルスデザイン「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

ヘルスデザインは産業医・保健師をネットワークし、従業員や組織の健康を守る産業保健サービスに専門的に取り組む企業。産業医の専門学会である日本産業衛生学会に専門性が認められ、産業医の「研修施設」に登録されている。がん対策推進総合研究事業(厚生労働科学研究)における「がん治療と就労の両立支援」への活動が評価され、「架け橋大賞」(2017年度)を受賞するなどの評価も得ている。こうした高度な専門性と、チームでの対応力が強みだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
6 件