シーズアンドグロース「新卒採用と若手社員の育成を成功させるために“採用全体戦略マップ”の導入を推進しています」

シーズアンドグロース「新卒採用と若手社員の育成を成功させるために“採用全体戦略マップ”の導入を推進しています」

新卒採用・若手育成コンサルティング分野の成長企業で、インターンシップや会社説明会などのイベント設計、個人と組織の活性化支援で成果を上げている。戦略的な採用・育成を行うための「採用全体戦略マップ」の導入を推進しており、若手の早期戦力化を課題とする企業に対する一層の貢献が期待される。自社においても設立2年目から新卒を採用して育成することによって事業を拡大させており、若手が一線で活躍している。 (日本人材ニュース編集部の評価)
ディスコ「コンサルタントによる面談とスクリーニングで意欲の高い最適な人財を紹介します」

ディスコ「コンサルタントによる面談とスクリーニングで意欲の高い最適な人財を紹介します」

ディスコは、企業の人材採用をサポートする企業として歴史もあり、求人サイトの運営などにより多くの採用に関するノウハウを蓄積している。企業における人材に対する考え方を「人財」と定義して、提供するサービスの価値の向上を目指している。新卒紹介では登録した学生全員に面談への呼び込みを行うなど、企業と学生の間にコンサルタントが介在する価値に徹底してこだわり、採用プロセスの効率化とミスマッチの防止を重視した人材紹介サービスを提供している。 (日本人材ニュース編集部の評価)
ダイジョブ・グローバルリクルーティング「バイリンガルに特化した専門求人サイトで国内と海外拠点の採用ニーズに応えます」

ダイジョブ・グローバルリクルーティング「バイリンガルに特化した専門求人サイトで国内と海外拠点の採用ニーズに応えます」

ダイジョブ・グローバルリクルーティングは、外資系企業の日本法人やグローバルに事業展開する日系企業に向けて、バイリンガルに特化した求人サイト「Daijob.com」の運営を手がける。登録人材は、英語を主とするビジネス会話ができる日本人が70%、日本語が話せる外国人が30%で、利用者は世界27カ国にまで広がっている。また、グローバル人材キャリアフェアや人材紹介も展開しており、中途採用から外国人留学生の新卒採用の支援まで手がける点で、グローバル企業にとっては頼もしい存在といえよう。(日本人材ニュース編集部の評価)
リソースリーガル「法務、弁護士、弁理士など法律専門職に特化し、候補者を厳選した的確なマッチングが強みです」

リソースリーガル「法務、弁護士、弁理士など法律専門職に特化し、候補者を厳選した的確なマッチングが強みです」

リソースリーガルは、弁護士や弁理士などの有資格者をはじめ、事業会社の法務に特化した人材紹介・サーチ会社。クライアントへの徹底したヒアリングで求人内容や事業を深く理解し、顕在化した求人案件だけでなく、潜在ニーズの段階から対応する。リソースリーガル代表者の長尾龍彦氏はこの分野で7年近く人材紹介会社のトップコンサルタントを務め、実績も多数。専門特化することで、候補者とのより親密な人的ネットワークを構築しており、的確なサーチによる提案力は高く評価されている。(日本人材ニュース編集部の評価)
マイナビ「業界・職種別の専任キャリアアドバイザーによる面談を重視した紹介で確実な採用を実現します」

マイナビ「業界・職種別の専任キャリアアドバイザーによる面談を重視した紹介で確実な採用を実現します」

マイナビは、業界・職種別の専任キャリアアドバイザーによる面談を重視した人材紹介を強化している。グループシナジーで求人メディアの活用や母集団形成を含めたHR領域でのワンストップサービスの提供にも強みがある。採用計画作りの段階から参画することで、採用数の確保にコミットする支援も行う。マイナビブランドは、新卒学生の就職情報サービスの活用等で定着しており知名度は抜群だ。また、有資格者を中心としたスペシャリストの紹介にも注力している。(日本人材ニュース編集部の評価)
ヘルスデザイン「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

ヘルスデザイン「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

ヘルスデザインは産業医・保健師をネットワークし、従業員や組織の健康を守る産業保健サービスに専門的に取り組む企業。産業医の専門学会である日本産業衛生学会に専門性が認められ、産業医の「研修施設」に登録されている。がん対策推進総合研究事業(厚生労働科学研究)における「がん治療と就労の両立支援」への活動が評価され、「架け橋大賞」(2017年度)を受賞するなどの評価も得ている。こうした高度な専門性と、チームでの対応力が強みだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
リフカム「リファラル採用クラウドサービスを入り口に、“紹介したい会社創り”を支援します」

リフカム「リファラル採用クラウドサービスを入り口に、“紹介したい会社創り”を支援します」

リフカムが提供するリファラル採用活性化クラウドサービス「Refcome」は、簡単・低価格で導入でき、導入後も使い勝手の良さが魅力だ。また、リファラル採用を成功させるには、まずは“紹介したい会社創り”が必要という考えから、社員のエンゲージメントを可視化するクラウドサービスも併せて提供している。同社のミッションである“採用を仲間集めに再定義する”は新たな採用の考え方を提示している。(日本人材ニュース編集部の評価)
ヒューマンファースト「経営戦略を可能にする組織全体の最適化へ、採れない・辞める・育たないを一貫して解決します」

ヒューマンファースト「経営戦略を可能にする組織全体の最適化へ、採れない・辞める・育たないを一貫して解決します」

ヒューマンファーストは、クライアントの組織・人事課題の解決策を提案するだけにとどまらず、課題解決実行をスピーディーに推進するためのノウハウまで提供できる点が強み。中堅中小企業の人事戦略支援、大手の自動車メーカーグループや製薬企業の採用業務を一括で請け負うなど、規模・業種を問わず実績が豊富で、コンサルティング事例は中央職業能力開発協会HPでも紹介されている。また、保有する貸会議室を面接場所としても提供している。(日本人材ニュース編集部の評価)
フィールワークス「上司力鍛錬、働きがい喚起、キャリア自律支援。研修と社内報で、多様な“人が育つ現場”創りを」

フィールワークス「上司力鍛錬、働きがい喚起、キャリア自律支援。研修と社内報で、多様な“人が育つ現場”創りを」

フィールワークスは、リクルート社で数多くのメディアの編集長を務めた前川孝雄氏が2008年に立ち上げた会社。働く個人の本音に精通した知見を活かし、著作や講演活動にも積極的で、コンサルタントには前川孝雄氏の考え方に賛同する専門家がそろっている。独自の「コミュニケーション・サイクル理論」に基づく研修、プロジェクト、社内報などをミックスした手法を用いて、人が育つ現場を実現するための上司力向上や多様な人材の活躍を促すダイバーシティ推進で創業以来400社以上を支援している。 (日本人材ニュース編集部の評価)
ICONIC(アイコニック)「東南アジアの事情に精通したコンサルタントが、人事制度設計、労務、教育・研修を支援します」

ICONIC(アイコニック)「東南アジアの事情に精通したコンサルタントが、人事制度設計、労務、教育・研修を支援します」

ICONIC(アイコニック)は、東南アジア各国に進出している日本企業の人材採用から労務相談、教育・研修まで人事関連領域を幅広くサポートできる貴重な存在。採用支援では、日本で勤務するアジア国籍人材、現地採用で働く日本人、優秀なローカル人材の紹介などで数多くの実績がある。日本企業が各国の労働慣行や文化特有の課題にぶつかることは多々あり、現地ビジネスを円滑に進めていく上で、ICONIC(アイコニック)が提供する豊富な情報とノウハウが大いに役立っている。(日本人材ニュース編集部の評価)
キャリアクロス「グローバル人材専門の求人サイトとして、ノウハウを提供し、採用の成功をサポートします」

キャリアクロス「グローバル人材専門の求人サイトとして、ノウハウを提供し、採用の成功をサポートします」

キャリアクロスは、グローバル人材に特化した数少ない求人サイトの一つで、ユーザーの8割以上がビジネスレベル以上の英語力を保持しており、ユーザー視点で構築された求人サイトを利用する一般企業や人材紹介会社から高く評価されている。採用支援サービスでは、採用担当者が少ない企業やグローバル人材採用の経験が少ない企業をサポートする。また、英語のみならず中国語のスキルを条件とする求人が増加傾向にあるため、アジアで活躍した経験を持つ人材にとっても有効なサイトだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
ロバート・ウォルターズ・ジャパン「世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」

ロバート・ウォルターズ・ジャパン「世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、バイリンガルのスペシャリスト紹介が強みで、正社員だけではなく派遣・契約にも応じている。国内の外資系最大手の一つとしてマネジメント層から若手まで幅広い層の求人を扱い、各専門チームと連携したコンサルティングによって評価を高めている。コンサルタントと顧客との長期的な関係構築とチームワークを重視した組織運営を徹底しており、人材採用のパートナーとして、継続的に質の高いサービスが期待できる会社である。(日本人材ニュース編集部の評価)
HRDグループ「組織・人材のプロフェッショナルのために、最先端のコンテンツとノウハウを提供しています」

HRDグループ「組織・人材のプロフェッショナルのために、最先端のコンテンツとノウハウを提供しています」

HRDグループは、長年にわたりグローバルに通用する科学的なアプローチに基づくコンテンツを日本にローカライズする取り組みを続けており、多くの組織・人事プロフェッショナルから高い支持を受けている。タレントマネジメントに着手する企業が増え、アセスメントツールに対するニーズが高まる中で、HRDグループが蓄積してきたノウハウが提携会社約300社を通じて提供されており、日本全体の組織・人材開発のレベルアップに貢献している。(日本人材ニュース編集部の評価)
セントメディア「障がい者雇用を採用コンサルティングとして支援し、法定雇用率の引き上げに対応します」

セントメディア「障がい者雇用を採用コンサルティングとして支援し、法定雇用率の引き上げに対応します」

障がい者の法定雇用率の引き上げが行われることが決まっており、企業は以前に増して障がい者雇用への対応が求められている。セントメディアでは、採用前段階から企業にコンサルティングとして入ることで、今まで障がい者雇用に苦戦していた企業でも安定的に採用できるように、採用と定着の支援を行っている。また、候補者に対して事前ヒアリングやフォローを手厚く行うことで、企業と候補者のマッチングを実現し、高い決定率を維持している。(日本人材ニュース編集部の評価)
概念化能力開発研究所「“採るべき人”と“採ってはいけない人”を的確に見極められる採用アセスメントを提供しています」

概念化能力開発研究所「“採るべき人”と“採ってはいけない人”を的確に見極められる採用アセスメントを提供しています」

概念化能力開発研究所は、行動分析による能力診断手法「アセスメントセンター」を新卒採用に活用し、入社後の戦力化や早期離職の防止を目指す企業の支援で実績を上げている。多くの学生を診断する場合などは実施コストが大きくなるため、同社では社内アセッサーによる採用アセスメントの内製化を支援しており、長年積み上げてきたアセスメントの理論や実践ノウハウをクライアントに提供することによって、多くのクライアントが独自運営への移行に成功している。(日本人材ニュース編集部の評価)
67 件