ライフワークス「シニア層を中心に、社員のキャリア自律を促進する研修や体制構築を支援しています」

ライフワークス「シニア層を中心に、社員のキャリア自律を促進する研修や体制構築を支援しています」

ライフワークスは、2000年にシニア層のセカンドキャリア開発や定年準備のための研修を提供し始め、専業としてノウハウを蓄積してきた強みを持つ。受講者は、大手企業を中心に年間約200社、1万2000人に及ぶ。現在では、新人からシニア層まであらゆる年代層のキャリア形成を支援。研修だけでなく、人事部門における社員のキャリア開発体制を支援するサービスを手掛ける。中でもニーズの高いシニア層の役割創造促進プログラムは、注目すべきサービスだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
エンプラス「初めて日本に住む外国人の海外採用や転勤者受け入れを支援し、社員の定着を促進します」

エンプラス「初めて日本に住む外国人の海外採用や転勤者受け入れを支援し、社員の定着を促進します」

エンプラスは、海外出張・赴任、海外拠点間の人材の移動、海外からの社員の受け入れ・定着など、近年増加するグローバルな人材のマネジメントを支援することができる日本では数少ない専門会社。顧客のニーズに応じたオーダーメード型のコンサルティングで信頼を得て、働き方改革を推進する企業からの相談が増加している。クラウド型プラットフォームも提供し、グローバル企業のパートナーとしてリロケーションマネジメントサービスの強化に取り組んでいる。(日本人材ニュース編集部の評価)
ミツカリ「仕事に特化した性格・価値観を数値化し、組織マネジメントの強化を実現します」

ミツカリ「仕事に特化した性格・価値観を数値化し、組織マネジメントの強化を実現します」

社員同士や社員と組織の相性にミスマッチが起きている場合、離職率の増大や組織の円滑な運営に支障を来すなど、会社にとって不利益につながる可能性がある。そこで「ミツカリ」では、社員の性格や価値観を計測しデータ化することで、社員個人だけでなく会社全体の社風まで可視化することができる。このデータを活用することで、入社前や配置転換でのミスマッチが減り、離職率だけでなく組織力の強化につながり、企業の発展に貢献できるだろう。(日本人材ニュース編集部の評価)
キャリア・マム「10万人の会員によるアウトソーシングとサテライトオフィスの提供で、多様な働き方を実現します」

キャリア・マム「10万人の会員によるアウトソーシングとサテライトオフィスの提供で、多様な働き方を実現します」

キャリア・マムは、出産・育児・介護、治療などの理由で離職した女性を中心に、全国10万人以上の会員のスキルや経験を活かし、ネットリサーチ、店舗調査、グループインタビューなどの業務を多くの企業から請け負っている。また、企業のテレワーク推進を支援するため、2018年度から厚生労働省委託事業として東京・多摩センターにサテライトオフィスをオープン。保育施設などを併設し、仕事と子育ての両立や多様な働き方を実現できるモデルとして、注目されている。(日本人材ニュース編集部の評価)
ヘルスデザイン「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

ヘルスデザイン「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

ヘルスデザインは産業医・保健師をネットワークし、従業員や組織の健康を守る産業保健サービスに専門的に取り組む企業。産業医の専門学会である日本産業衛生学会に専門性が認められ、産業医の「研修施設」に登録されている。がん対策推進総合研究事業(厚生労働科学研究)における「がん治療と就労の両立支援」への活動が評価され、「架け橋大賞」(2017年度)を受賞するなどの評価も得ている。こうした高度な専門性と、チームでの対応力が強みだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
5 件