ボディチューン・パートナーズ「BQ(身体知能)に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

ボディチューン・パートナーズ「BQ(身体知能)に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

ボディチューン・パートナーズは、心身の健康がビジネスパフォーマンスに影響することに早くから着目し、さらに健康と経営を結びつけることで、持続可能な企業経営への貢献を目指している。ビジネスにおける健康を体・脳・心の3つの側面から捉え、それぞれの健康を軸に人材の育成を行うことで、重要な経営課題である健康経営を根本から支援する。健康を推進する行動を見える化した独自のアセスメントを組み込んだ人材育成プログラムが特徴だ。(日本人材ニュース編集部の評価)
残業バスター「テレワークでも利用できる情報管理システムで従業員の隠れ残業を防止します」

残業バスター「テレワークでも利用できる情報管理システムで従業員の隠れ残業を防止します」

昨今、企業の残業抑制を支援するシステムは数多くリリースされているが、その中でも丸紅ITソリューションズの「残業バスター」は単に長時間労働を抑制することだけを目的にはしていない。勤務実態を可視化・分析し、不要な残業に対しては従業員への通知やパソコンの利用制限をかけるなど、残業に対する従業員の意識自体の改善を目指している。特徴はテレワークとの高い親和性で、社外にいても同様に利用することができ、多様な働き方にも対応している。(日本人材ニュース編集部の評価)
wiwiw「業績向上につながるダイバーシティ推進、働き方改革の取り組みを支援します」

wiwiw「業績向上につながるダイバーシティ推進、働き方改革の取り組みを支援します」

wiwiwのサービスは現在670社が利用しており、ダイバーシティ経営や働き方改革を推進する企業にとって欠かせないものとなっている。山極清子社長は資生堂で男女共同参画推進のリーダーを務めた後に博士号を取得し、企業での実践と理論に精通した専門家として多くの経営者や人事担当者から頼られる存在。18年以上にわたるサービス提供で蓄積されたノウハウ、専門コンサルタントによる制度設計から運用までのきめ細かいサポートが強みとなっている。(日本人材ニュース編集部の評価)
3 件