グラウンドワーク・パートナーズ「従業員の自発的な問題提起を促すことで、人が育つ風土を醸成し、定着率向上を支援します」

グラウンドワーク・パートナーズ「従業員の自発的な問題提起を促すことで、人が育つ風土を醸成し、定着率向上を支援します」

中小企業や医療福祉業界を中心に組織風土改革を支援している。同社ではコンサルタントから問題提起を行うのではなく、従業員に自社の問題を追求するように促し、自身で解決するまで導いていく。従業員が現場で感じ取っている問題こそ、表面に現れない問題の心髄であることが多く、この問題を自ら解決していくことが組織全体を改革する近道になるとしている。組織の問題を解決することで風土改革を行い、従業員の定着率向上に貢献している。(日本人材ニュース編集部の評価)
1 件