サイコム・ブレインズ「顧客の業績向上とグローバルなタレントマネジメントのために、最先端のコンセプトとツールを提案します」

サイコム・ブレインズ「顧客の業績向上とグローバルなタレントマネジメントのために、最先端のコンセプトとツールを提案します」

サイコム・ブレインズは、研修プログラムの提供だけでなく、クライアントの業績向上につながる継続的なタレントマネジメントの支援を目指しており、大手企業を中心に評価を得ている。特に、グローバル化支援では現地法人や外国人社員を交えた研修に豊富な実績を持つ。グローバルなビジネス社会の進化を見据えて、世界で通用する学習手法やノウハウを積極的に導入し、科学的な組織・人材マネジメントに役立つビジネス教育ビッグデータの活用促進にも力を入れている。(日本人材ニュース編集部の評価)
ウィルソン・ラーニング ワールドワイド「人や組織が、そのもてる力を最大限に発揮できるようお手伝いします」

ウィルソン・ラーニング ワールドワイド「人や組織が、そのもてる力を最大限に発揮できるようお手伝いします」

ウィルソン・ラーニング ワールドワイドは、セールスやリーダーシップ/マネジメント、および基本的スキルの領域でトレーニング・プログラムを世界50カ国で提供している。その主な特長は、行動科学に基づいてスキル要素を分解し、プログラムに組み立てているところだ。これにより、顧客ニーズに応じてプログラムを柔軟にカスタマイズできる。また、ICTを使った人材育成ポータルの開発にも力を入れており、継続的な人材育成の基盤として上場企業を中心に活用されている。(日本人材ニュース編集部の評価)
インソース「社会・時代の要請に応え、2万5000社以上の人材育成、人事・人材戦略を支援しています」

インソース「社会・時代の要請に応え、2万5000社以上の人材育成、人事・人材戦略を支援しています」

インソースは、人材育成・研修分野で数少ない東証一部上場企業。あらゆる業界の企業の生産性向上を地域密着で支援し、講師派遣型研修や公開講座の年間実施回数は2万回を超える。また、人材育成・研修にとどまらず、アセスメント、人事評価、採用、ストレスチェック、人事システムなどの幅広い支援サービスを提供できる。教育と人事の知見や専門性を持つ精鋭集団として、幅広い顧客のニーズに迅速に応える仕組みを確立させていることが強みだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
スマレビ「行動変容を促す360度評価と、離職率改善を支援する人事システムを提供します」

スマレビ「行動変容を促す360度評価と、離職率改善を支援する人事システムを提供します」

「スマレビfor360°」は15年以上培ったノウハウを詰め込んでおり、大企業を中心に年間利用社数200社以上、回答者数約80万人、リピート率95%の実績を持つ。従業員の360度評価だけでなく、行動変容までをワンストップで支援しているため、やりっぱなしにならない仕組みが評価できるポイントだ。加えて2017年からは「スマレビforリテンション」もリリースし、社員のリテンションを高め、離職率改善にも貢献している。(日本人材ニュース編集部の評価)
ネクストエデュケーションシンク「HRテック、DX人財育成など先進の科学的アセスメント、組織分析・コンサルを迅速に実施します」

ネクストエデュケーションシンク「HRテック、DX人財育成など先進の科学的アセスメント、組織分析・コンサルを迅速に実施します」

ネクストエデュケーションシンクは、大手企業を中心に、科学的・客観的な診断・組織分析、人財育成体系の構築、 eラーニング・研修プログラムの提供で数多くの実績がある。1999年の設立当初からIT活用の重要性をいち早く理解して投資を行い、クライアントの多様なニーズやIT環境の変化に柔軟に対応できる体制を整えノウハウを蓄積している。コンサルタントには組織診断や人事分野の専門家をそろえ、的確なコンサルティングを行っている。(日本人材ニュース編集部の評価)
アドバンテッジ リスク マネジメント「300万人以上の導入実績を強みに、健康経営・人材開発・両立支援プラットフォームを確立します」

アドバンテッジ リスク マネジメント「300万人以上の導入実績を強みに、健康経営・人材開発・両立支援プラットフォームを確立します」

アドバンテッジ リスク マネジメントはメンタルヘルスケア事業を主幹とし、企業の健康経営をメンタリティマネジメントの視点から全面的にサポートしている。ストレス、EQ(感情マネジメント力)などのサーベイを行い、それぞれの分析結果に応じた改善提案を行う。特徴的なのは、ストレスとEQの両方を改善して、エンゲージメントを高める研修やコンサルティングなどのソリューションを提供しているところだ。休職中の社員を抱える人事への支援にも積極的に取り組んでいる。(日本人材ニュース編集部の評価)
メンタルヘルステクノロジーズ「厚労省が示すメンタルヘルスの4つのケアを低価格なソリューションで浸透させます」

メンタルヘルステクノロジーズ「厚労省が示すメンタルヘルスの4つのケアを低価格なソリューションで浸透させます」

メンタルヘルステクノロジーズは、厚生労働省が提唱するメンタルヘルスの「職場における4つのケア」を浸透させるためのソリューションとして「ELPIS」を提供している。現在はメンタルヘルス・ハラスメントを学ぶ「ELPIS-eラーニング」と専門医相談サービス「ケアーズLite」で、社員のメンタルヘルスケアを支援。特徴は低価格で企業にとって取り入れやすいところだ。今後も新しいサービスをリリースし、「ELPIS」シリーズの充実を図っていく予定。(日本人材ニュース編集部の評価)
ヒロコマナーグループ「研修をしても成果がでない企業の救世主として信頼を得ている人財育成マナー研修会社です」

ヒロコマナーグループ「研修をしても成果がでない企業の救世主として信頼を得ている人財育成マナー研修会社です」

ヒロコマナーグループ代表の西出氏はマナー分野の第一人者として知られ、メディア出演、講演や執筆の依頼を数多く受けている。企業向け研修は「企業収益向上のため」という目的を明確にし、受講者が現場で使えるようにする手法で結果を出し続け、大手企業をはじめ中小企業まで、幅広く評価を得ている。西出氏の指導を受けた講師陣が全国で対応。受講者が見事に変わり良い人財になる様は、「魔法の研修」との異名もあるほど。持続する研修のため、社内研修担当者の評価も高い。(日本人材ニュース編集部の評価)
フォー・ノーツ「人事業務全般を一貫してサポートし、人事の土台づくりをプロデュースします」

フォー・ノーツ「人事業務全般を一貫してサポートし、人事の土台づくりをプロデュースします」

フォー・ノーツは人事制度や教育研修、採用など、各社の様々な人事課題を解決する人事コンサルティング会社。数社にわたり企業人事を経験してきたコンサルタントが揃っており、その経験を活かして人事業務全般を一貫して支援している。適性検査「B-CAVtestⅡ」の提供も行い、採用以外にも社員の配属やマネジメント、評価、育成、昇格に活用されている。現場を知り尽くしたプロとして、人事組織の土台づくりをトータルでプロデュースできるところが強みだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
フィールワークス「上司力鍛錬、働きがい喚起、キャリア自律支援。研修と社内報で、多様な“人が育つ現場”創りを」

フィールワークス「上司力鍛錬、働きがい喚起、キャリア自律支援。研修と社内報で、多様な“人が育つ現場”創りを」

フィールワークスは、リクルート社で数多くのメディアの編集長を務めた前川孝雄氏が2008年に立ち上げた会社。働く個人の本音に精通した知見を活かし、著作や講演活動にも積極的で、コンサルタントには前川孝雄氏の考え方に賛同する専門家がそろっている。独自の「コミュニケーション・サイクル理論」に基づく研修、プロジェクト、社内報などをミックスした手法を用いて、人が育つ現場を実現するための上司力向上や多様な人材の活躍を促すダイバーシティ推進で創業以来400社以上を支援している。 (日本人材ニュース編集部の評価)
ヒップスターゲート「ビジネスゲームと研修内製化マニュアルの提供で画一的な社内研修からの脱却をサポートします」

ヒップスターゲート「ビジネスゲームと研修内製化マニュアルの提供で画一的な社内研修からの脱却をサポートします」

ヒップスターゲートは、新入社員や若手向けに開発されたビジネスゲームが特長だ。20代の若者が能動的に学ぶことで、社会人として必要な業務スキルを習得できる構成となっており、若い世代の行動変容を求める企業から好評を得ている。また研修に予算を割けない企業に向けて自社内で研修が行えるよう、ヒップスターゲートの研修ノウハウを詰め込んだ研修テーマ別マニュアルも低価格で提供しており、大企業、中小企業に関わらず質の高い学びを提供している。(日本人材ニュース編集部の評価)
チームサポートプロ「“ミーティング”の変革を通じて、業績向上や人材育成につながるコンサルティングを提供します」

チームサポートプロ「“ミーティング”の変革を通じて、業績向上や人材育成につながるコンサルティングを提供します」

チームサポートプロ代表の矢本氏は、前職の営業責任者として業績向上に貢献した経験を基に、ミーティング・会議のプロ(ミーティングコンサルタント)として2010年に会社を設立。“顧客”“経営者”“スタッフ”の三方の距離を縮めるミーティング術で、業績向上と人材育成を支援しており、9割以上のクライアント企業の業績が伸び続けているという。独自の手法を通じてより多くの企業やリーダーを支援したいという思いから、講演や研修、執筆にも取り組んでいる。(日本人材ニュース編集部の評価)
1on1navi(ワンオンワンナビ)「上司と部下の頻繁な対話の場“1on1”を支援し、個人と組織のパフォーマンス向上を実現します」

1on1navi(ワンオンワンナビ)「上司と部下の頻繁な対話の場“1on1”を支援し、個人と組織のパフォーマンス向上を実現します」

人と組織の内発的変革を支援しているアジャイルHRは、個人のパフォーマンス向上を通じて、組織全体のパフォーマンスを高める「パフォーマンスマネジメント」にいち早く着目し、臨機応変な目標設定とフィードバックを支援するスマートフォンアプリ「1on1navi(ワンオンワンナビ)」を開発した。これまでの目標管理に問題を感じながらも変革に取り組めていなかった企業にとっては、リアルタイムでのフィードバックや個人の特性に応じたマネジメントを実現していくための強力な武器になりそうだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
マネジメント サービス センター「企業の持続的な成長のために“リーダーシップパイプライン”の構築を支援します」

マネジメント サービス センター「企業の持続的な成長のために“リーダーシップパイプライン”の構築を支援します」

マネジメント サービス センターは、企業の持続的な成長を目的としたリーダーシップ開発を専門とし、大手企業に対する人材アセスメントやトレーニングで豊富な実績とノウハウを持つ。長年にわたってプログラム継続率が80%以上を維持していることは、同社が高品質のサービスを安定的に提供し続けていることを示している。世界的な人材育成会社の米DDI社との提携によってグローバル対応力を強化しており、日本企業のリーダー育成を国内と海外で実施して高い評価を得ている。 (日本人材ニュース編集部の評価)
ベリタス・コンサルティング「No.1を目指す企業の組織・人材の課題解決を一気通貫で実行まで支援しています」

ベリタス・コンサルティング「No.1を目指す企業の組織・人材の課題解決を一気通貫で実行まで支援しています」

ベリタス・コンサルティングは、コンサルタントが深くコミットするために、経営者や人事責任者が真剣に取り 組む覚悟を示す業界のリーディングカンパニーやニッチな分野で強みを持つ企業に対象を限定している。クライアントからは経営幹部ミーティングのファシリテーターを依頼されるなど、組織・人材戦略を実現するためのパートナーとして信頼を得ている。実業経験者のコンサルタントによる実践的な支援が強みで、欧米企業のHRテック先進事例のノウハウ・情報提供にも力を入れている。(日本人材ニュース編集部の評価)
17 件