ボディチューン・パートナーズ「BQ(身体知能)に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

ボディチューン・パートナーズ「BQ(身体知能)に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

ボディチューン・パートナーズは、心身の健康がビジネスパフォーマンスに影響することに早くから着目し、さらに健康と経営を結びつけることで、持続可能な企業経営への貢献を目指している。ビジネスにおける健康を体・脳・心の3つの側面から捉え、それぞれの健康を軸に人材の育成を行うことで、重要な経営課題である健康経営を根本から支援する。健康を推進する行動を見える化した独自のアセスメントを組み込んだ人材育成プログラムが特徴だ。(日本人材ニュース編集部の評価)
サイコム・ブレインズ「顧客の業績向上とグローバルなタレントマネジメントのために、最先端のコンセプトとツールを提案します」

サイコム・ブレインズ「顧客の業績向上とグローバルなタレントマネジメントのために、最先端のコンセプトとツールを提案します」

サイコム・ブレインズは、研修プログラムの提供だけでなく、クライアントの業績向上につながる継続的なタレントマネジメントの支援を目指しており、大手企業を中心に評価を得ている。特に、グローバル化支援では現地法人や外国人社員を交えた研修に豊富な実績を持つ。グローバルなビジネス社会の進化を見据えて、世界で通用する学習手法やノウハウを積極的に導入し、科学的な組織・人材マネジメントに役立つビジネス教育ビッグデータの活用促進にも力を入れている。(日本人材ニュース編集部の評価)
HPOクリエーション「人材育成と組織変革のプロフェッショナルとして、ハイパフォーマンス組織を創り出します」

HPOクリエーション「人材育成と組織変革のプロフェッショナルとして、ハイパフォーマンス組織を創り出します」

HPOクリエーションは人材育成と組織変革のプロフェッショナルとして、抜本的な経営・組織改革から、リーダーの育成・強化、マーケティング力、グローバル・ビジネススキルのなどの個別能力の強化までを支援している。短期的な目標達成だけではなく、社名でもあるハイパフォーマンス組織(HPO)の仕組みを創ることで組織能力を向上させ、業績の持続的な向上を実現する。経営幹部や人事責任者として実践経験豊富なファシリテーターのサポートが心強い。(日本人材ニュース編集部の評価)
ネクストエデュケーションシンク「HRテック、DX人財戦略など先進の科学的アセスメント、組織分析・コンサルを迅速に実施します」

ネクストエデュケーションシンク「HRテック、DX人財戦略など先進の科学的アセスメント、組織分析・コンサルを迅速に実施します」

ネクストエデュケーションシンクは、大手企業を中心に、科学的・客観的な診断・組織分析、人財育成体系の構築、eラーニング・研修プログラムの提供で数多くの実績がある。1999年の設立当初からIT活用の重要性をいち早く理解して投資を行い、クライアントの多様なニーズやIT環境の変化に柔軟に対応できる体制を整えノウハウを蓄積している。コンサルタントには組織診断や人事分野の専門家をそろえ、的確なコンサルティングを行っている。(日本人材ニュース編集部の評価)
経営人事パートナーズ「人事制度の実行力を上げるマネジメントシステムで科学的・定量的な人材育成をサポートします」

経営人事パートナーズ「人事制度の実行力を上げるマネジメントシステムで科学的・定量的な人材育成をサポートします」

経営人事パートナーズ代表の山極毅氏は、日産自動車で開発、企画、人事を経験し、経営・人事、現場の課題に精通している。豊富な実務経験を基に、企業の経営課題と人事課題の2 つの側面からコンサルティングを行っている。また、人事制度の実行力を向上させる3つの条件を採用した、クラウド型人材マネジメントシステムも併せて提供しており、人材育成のサポートも行っている。コンサルティングだけでなく、システムを活用して持続的な成長を支援できるところが強みだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
SIGNATE Quest「超実践的なオンラインAI教育システムでAI人材の育成課題を解決します」

SIGNATE Quest「超実践的なオンラインAI教育システムでAI人材の育成課題を解決します」

「SIGNATE Quest」は、AI開発人材ネットワークを運営するSIGNATEが「OJTのような疑似体験ができるAI研修を探している」「AIを利用できるかどうかの目利き人材を育成したい」「技術者の養成だけでなく、多く社員のAIリテラシーを上げたい」といったニーズの高まりを受けて開発したオンラインAI教育システム。AI人材の育成課題を熟知している同社ならではの工夫を盛り込み、楽しみながら取り組めるコース設計となっている。(日本人材ニュース編集部の評価)
マネジメントベース「企業の不祥事につながる人材リスクを適性検査で事前に把握し、健全な企業経営に貢献します」

マネジメントベース「企業の不祥事につながる人材リスクを適性検査で事前に把握し、健全な企業経営に貢献します」

マネジメントベースは、人材の採用・育成に関わるアセスメントを提供している。中でも「リスクチェッカー」は、個人が持つ潜在的なリスク要因の検査ツールとして他社にはない特徴的なアセスメントだ。採用時に良い人を集めるための適性検査は多いが、同サービスは人物の「ネガティブサイド」にスポットを当て、人の持つさまざまなパーソナリティー特性を検出する。リスク面の検査に特化していることから、コンプライアンス経営に神経を尖らせている企業の注目度は高い。(日本人材ニュース編集部の評価)
アドバンテッジ リスク マネジメント「330万人以上の導入実績を強みに、健康経営・人材開発・両立支援プラットフォームを確立します」

アドバンテッジ リスク マネジメント「330万人以上の導入実績を強みに、健康経営・人材開発・両立支援プラットフォームを確立します」

アドバンテッジ リスク マネジメントはメンタルヘルスケア事業を主幹とし、企業の健康経営をメンタリティマネジメントの視点から全面的にサポートしている。ストレス、EQ(感情マネジメント力)などのサーベイを行い、それぞれの分析結果に応じた改善提案を行う。特徴的なのは、ストレスとEQの両方を改善して、エンゲージメントを高める研修やコンサルティングなどのソリューションを提供しているところだ。休職中の社員を抱える人事への支援にも積極的に取り組んでいる。(日本人材ニュース編集部の評価)
インソース「全階層の研修、教育管理システム・LMS導入、DX人材育成など、多角的な人材戦略を実現します」

インソース「全階層の研修、教育管理システム・LMS導入、DX人材育成など、多角的な人材戦略を実現します」

インソースは、人材育成・研修分野で数少ない東証一部上場企業。あらゆる業界の企業の生産性向上を地域密着で支援し、講師派遣型研修や公開講座の年間実施回数は2万回を超える。また、人材育成・研修にとどまらず、アセスメント、人事評価、採用、ストレスチェック、人事システムなどの幅広い支援サービスを提供できる。教育と人事の知見や専門性を持つ精鋭集団として、幅広い顧客のニーズに迅速に応える仕組みを確立させていることが強みだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
イントランスHRMソリューションズ「階層、職種、業種に応じた最適な教育計画で、人材育成全体を継続的にサポートします」

イントランスHRMソリューションズ「階層、職種、業種に応じた最適な教育計画で、人材育成全体を継続的にサポートします」

イントランスHRMソリューションズは、プロ講師による多様な研修に加え、661講座のeラーニング、従業員適性検査ツール、アセスメント、マネジメントゲーム等を必要に応じて活用し、教育効果を高めている。クライアントの人材課題の具体的な解決策を提案し、実行・改善までしっかりとサポートできる点が特徴。働き方改革の推進や人材の定着などが経営課題となる中で、社員が辞めない組織づくりの実践的なコンサルティングにも定評がある。
マネジメント サービス センター「顧客志向でビジネスの変化と成長に伴走し、変化への挑戦を託せるリーダーの発見と育成を支援します」

マネジメント サービス センター「顧客志向でビジネスの変化と成長に伴走し、変化への挑戦を託せるリーダーの発見と育成を支援します」

マネジメント サービス センターは、企業の持続的な成長を目的としたリーダーシップ開発を専門とし、大手企業に対する人材アセスメントやトレーニングで豊富な実績とノウハウを持つ。長年にわたってプログラム継続率が80%以上を維持していることは、同社が高品質のサービスを安定的に提供し続けていることを示している。世界的な人材育成会社の米DDI社との提携によってグローバル対応力を強化しており、日本企業のリーダー育成を国内と海外で実施して高い評価を得ている。(日本人材ニュース編集部の評価)
ミツカリ「仕事に特化した性格・価値観を数値化し、組織マネジメントの強化を実現します」

ミツカリ「仕事に特化した性格・価値観を数値化し、組織マネジメントの強化を実現します」

社員同士や社員と組織の相性にミスマッチが起きている場合、離職率の増大や組織の円滑な運営に支障を来すなど、会社にとって不利益につながる可能性がある。そこで「ミツカリ」では、社員の性格や価値観を計測しデータ化することで、社員個人だけでなく会社全体の社風まで可視化することができる。このデータを活用することで、入社前や配置転換でのミスマッチが減り、離職率だけでなく組織力の強化につながり、企業の発展に貢献できるだろう。(日本人材ニュース編集部の評価)
12 件